ロータス・エリーゼにクラシカルな限定モデル

2015.04.03 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼSジャパンオリジナル-Neo Classic Edition-(ネオ クラシック エディション)」
「ロータス・エリーゼSジャパンオリジナル-Neo Classic Edition-(ネオ クラシック エディション)」

「ロータス・エリーゼ」にクラシカルな色合いの限定モデル登場

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2015年4月3日、「エリーゼ」に特別仕様車「エリーゼSジャパンオリジナル-Neo Classic Edition-(ネオ クラシック エディション)」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、最高出力220ps、最大トルク25.5kgmを発生する過給器付き1.8リッター直4エンジンを搭載した「エリーゼS」をベースに、特別なカラーコーディネートを施した日本専用の限定モデルである。

ボディーカラーには過去の人気色であり、現在のカタログモデルには設定のない「オールドイングリッシュホワイト」と「ノーチラスブルー」の2色を用意。ボディーサイドにはユニオンジャックのサイドマーカーバッジを装備している。

また、レザーインテリアやクルーズコントロールなどからなる「ツーリングパック」を標準装備しており、シートやドアトリムには「エキシージSロードスター」と同じくキルト加工を採用。レザーの色は「コニャックブラウン」と「ベノムレッド」の2色から選択が可能で、シートヘッドレストにはシルバーステッチで特別刺しゅうを施している。

価格は736万5600円。販売台数は36台の限定で、納車開始は2015年5月を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリーゼの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る