ロータス・エリーゼにクラシカルな限定モデル

2015.04.03 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼSジャパンオリジナル-Neo Classic Edition-(ネオ クラシック エディション)」
「ロータス・エリーゼSジャパンオリジナル-Neo Classic Edition-(ネオ クラシック エディション)」
    拡大

「ロータス・エリーゼ」にクラシカルな色合いの限定モデル登場

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2015年4月3日、「エリーゼ」に特別仕様車「エリーゼSジャパンオリジナル-Neo Classic Edition-(ネオ クラシック エディション)」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、最高出力220ps、最大トルク25.5kgmを発生する過給器付き1.8リッター直4エンジンを搭載した「エリーゼS」をベースに、特別なカラーコーディネートを施した日本専用の限定モデルである。

ボディーカラーには過去の人気色であり、現在のカタログモデルには設定のない「オールドイングリッシュホワイト」と「ノーチラスブルー」の2色を用意。ボディーサイドにはユニオンジャックのサイドマーカーバッジを装備している。

また、レザーインテリアやクルーズコントロールなどからなる「ツーリングパック」を標準装備しており、シートやドアトリムには「エキシージSロードスター」と同じくキルト加工を採用。レザーの色は「コニャックブラウン」と「ベノムレッド」の2色から選択が可能で、シートヘッドレストにはシルバーステッチで特別刺しゅうを施している。

価格は736万5600円。販売台数は36台の限定で、納車開始は2015年5月を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
  • 「ロータス・エキシージ」に走りを高めた「スポーツ410」登場 2018.6.22 自動車ニュース 「ロータス・エキシージ」シリーズに高性能モデルの「スポーツ410」が登場。最高出力を416psに高めた過給機付きV6エンジンの採用に加え、空力関係や足まわりについても改良を実施。0-100km/h加速が3.4秒、最高速が290km/hという動力性能を実現している。
ホームへ戻る