ロータス・エリーゼにクラシカルな限定モデル

2015.04.03 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼSジャパンオリジナル-Neo Classic Edition-(ネオ クラシック エディション)」
「ロータス・エリーゼSジャパンオリジナル-Neo Classic Edition-(ネオ クラシック エディション)」

「ロータス・エリーゼ」にクラシカルな色合いの限定モデル登場

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2015年4月3日、「エリーゼ」に特別仕様車「エリーゼSジャパンオリジナル-Neo Classic Edition-(ネオ クラシック エディション)」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、最高出力220ps、最大トルク25.5kgmを発生する過給器付き1.8リッター直4エンジンを搭載した「エリーゼS」をベースに、特別なカラーコーディネートを施した日本専用の限定モデルである。

ボディーカラーには過去の人気色であり、現在のカタログモデルには設定のない「オールドイングリッシュホワイト」と「ノーチラスブルー」の2色を用意。ボディーサイドにはユニオンジャックのサイドマーカーバッジを装備している。

また、レザーインテリアやクルーズコントロールなどからなる「ツーリングパック」を標準装備しており、シートやドアトリムには「エキシージSロードスター」と同じくキルト加工を採用。レザーの色は「コニャックブラウン」と「ベノムレッド」の2色から選択が可能で、シートヘッドレストにはシルバーステッチで特別刺しゅうを施している。

価格は736万5600円。販売台数は36台の限定で、納車開始は2015年5月を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリーゼの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エリーゼS(MR/5MT)【ブリーフテスト】 2006.12.2 試乗記 ……501万9000円
    総合評価……★★★★★

    ローバー製の「K」ユニットの供給停止により、ハイパフォーマンスモデルの「R」に続いてスタンダードの「S」もトヨタ製エンジンを搭載することになった。その変更は、「エリーゼ」にプラスの要素をもたらしたのだった。


  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2011.1.20 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    マイナーチェンジで、見た目も中身も新しくなった「ロータス・エリーゼ」。その仕上がり具合をチェックしてみた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
ホームへ戻る