第288回:検証! ルノー入魂のスペシャルパーツ(メガーヌR.S.編)

2015.04.10 エッセイ
 

ルノー・ジャポンが、日本のユーザーのために、高性能モデル「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」のスペシャルパーツを開発。リリースと同時に、購入をサポートするキャンペーンもスタートさせた。
ルノーが自信を見せる“こだわりの逸品”とはどのようなものなのか? それで走りはどう変わるのか? 実際にチェックしてみた。

ルノーのハイパフォーマンスクーペ「メガーヌR.S.」。2014年6月にマイナーチェンジを受け、各部の意匠やブレーキの仕様などが変更されている。
今回ルノー・ジャポンが発売した、マルケジーニの軽量アロイホイール。カラーは写真のガンメタのほか、ホワイトも用意される。
こちらはもう一つのスペシャルパーツである、フジツボ製の専用チタンマフラー。単体重量は、ノーマルマフラーに比べて5.3kg軽い6.12kg。虹色の焼け色が、特別な素材であることを物語る。

さらなる高性能を目指して

ルノー直属のモータースポーツ部門であり、フォーミュラやラリーカーの開発、ワンメイクレースの運営などを手がけるルノースポールが生み出したメガーヌR.S.は、数ある前輪駆動スポーツモデルの中でも別格に位置づけられるだろう。
265psと36.7kgmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジン、機械式LSD、フロントにダブルアクスルストラットを採用したサスペンション、ブレンボ製ブレーキなど、モータースポーツ譲りのテクノロジーを5人乗りの3ドアボディーに注ぎ込んだ、リアルスポーツクーペだからだ。

その高性能ぶりは日本のユーザーにも浸透しており、最近は同じ2リッターターボエンジンを搭載した国産スポーツセダンと比較する人も多いという。ゆえにさらなるパフォーマンスを求めるユーザーも少なくない。

インポーターのルノー・ジャポンはその状況をにらみ、軽量鍛造アロイホイールとスペシャルパーツを専用開発。しかも多くのユーザーにその効果を体感してほしいという気持ちから、新車購入者に対して購入サポートも用意している。

マフラーは日本を代表するメーカー、フジツボとの共同開発。意外なことにフランス製ではない。製品の企画を担当した、ルノー・ジャポンマーケティング部のフレデリック・ブレン氏に、その点を聞いた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る