第287回:ボディーは小さくとも立派な名車!
思い出の「ダットサン・ベビイ」が復活

2015.04.07 エッセイ
日産名車再生クラブの手によって復活した「ダットサン・ベビイ」の100号車。
日産名車再生クラブの手によって復活した「ダットサン・ベビイ」の100号車。

子供たちにクルマの楽しさを伝えた小さな名車が、50年ぶりに復活。そのお披露目式の様子を、再生作業にまつわるエピソードとともにリポートする。

日産から寄贈された100台の「ダットサン・ベビイ」と、こどもの国の来場者たち。
日産から寄贈された100台の「ダットサン・ベビイ」と、こどもの国の来場者たち。
写真の右側に写っているのが、“現役当時”の100号車の姿。日産はこのアトラクションについて、車両の寄贈だけでなく、自動車交通教育の教材提供や、走行コースの監修なども行った。
写真の右側に写っているのが、“現役当時”の100号車の姿。日産はこのアトラクションについて、車両の寄贈だけでなく、自動車交通教育の教材提供や、走行コースの監修なども行った。
こどもの国の発行する「運転免許証」は小学5年生から取得が可能。免許証を取得すると、コース内を1人で運転することが許された。
こどもの国の発行する「運転免許証」は小学5年生から取得が可能。免許証を取得すると、コース内を1人で運転することが許された。
日産自動車の坂本秀行副社長(右)と、こどもの国の三国 治園長(左)。
日産自動車の坂本秀行副社長(右)と、こどもの国の三国 治園長(左)。

こどもの国の開園50年を祝って

2015年3月28日、日産グローバル本社ギャラリーで、小さな赤いクルマが公開された。といっても新型車ではない。今から半世紀も前に作られた、いうなればクラシックカーだ。それが今回、日産の有志によって構成される日産名車再生クラブの手でレストアされ、この日お披露目と相成ったのだが……。

そもそも皆さん、このクルマをご存じだろうか? 知っている方は相当な日産通。知らないという方の中にも、実は乗ったことがある人がいるかもしれない。

その車名は「ダットサン・ベビイ」。今をさかのぼること50年の1965年に、神奈川県横浜市にあるレジャー施設「こどもの国」の開園を記念して、日産が園内を走る子供用自動車として製作、寄贈したものだ。その数なんと100台(!)。遊園地のゴーカートなどより、はるかに本格的な自動車を走らせられることから人気を集め、このアトラクションの利用者は8年間で約20万人を数えることとなった。

時はたって2012年、「開園50周年を祝う、なにかいい企画はないものか?」と考えていた同園の三国 治園長が、施設の片隅で眠るダットサン・ベビイを発見し、日産に再生を打診。今回のプロジェクトがスタートすることとなった。

レストアを請け負った日産名車再生クラブとは、日産テクニカルセンター(日産自動車の開発部門)の従業員を中心に構成されたボランティアの組織である。2006年の発足以来、年に1~2台のペースで車両のレストアを手がけており、今回のダットサン・ベビイは記念すべき10台目の再生車となる。その活動は完全に“手弁当”で、家族サービスを犠牲にして休日に作業を行うというのだから、古いクルマ好きの筆者としては頭が下がる。この日も「休日にパパが何をしていたのかを知ってほしい」と、家族連れで式典に参加するメンバーの姿があった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ