第289回:検証! ルノー入魂のスペシャルパーツ(ルーテシアR.S.編)

2015.04.10 エディターから一言
 
第289回:検証! ルノー入魂のスペシャルパーツ(ルーテシアR.S.編)の画像

ルノー・ジャポンが、コンパクトなハイパフォーマンスモデル「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」の性能をさらに高めるスペシャルパーツをリリース。その発売に合わせて、購入サポートキャンペーンもスタートさせた。
品目は、大きく分けて3種類。一体、どんなアイテムなのか? 実際に走りは変わるのか? テスト車の試乗を交えて報告する。

「ルーテシアR.S.」は、ルノーのコンパクトなハイパフォーマンスモデル。現行モデルは、2013年末に発売された。
「ルーテシアR.S.」は、ルノーのコンパクトなハイパフォーマンスモデル。現行モデルは、2013年末に発売された。
赤が差し色に使われる、「ルーテシアR.S.」のインテリア。トランスミッションは6段ATのみとなる。
赤が差し色に使われる、「ルーテシアR.S.」のインテリア。トランスミッションは6段ATのみとなる。
今回発売されたルノーこだわりのスペシャルパーツ、「軽量鍛造アロイホイール」「専用チタンマフラー」「専用リアスポイラー」を組み込んだ、「ルーテシアR.S.」のデモカー。
今回発売されたルノーこだわりのスペシャルパーツ、「軽量鍛造アロイホイール」「専用チタンマフラー」「専用リアスポイラー」を組み込んだ、「ルーテシアR.S.」のデモカー。

ユーザーの期待に応えて

ルーテシアR.S.は、ルノー直属のモータースポーツ部門であり、フォーミュラやラリーカーの開発、ワンメイクレースの運営などを手がけるルノースポールが生み出した市販スポーツモデルだ。つまり単なる高性能ハッチバックではなく、モータースポーツの経験を注ぎ込んだ“本物”である。実際ヨーロッパでは、基本的に同じ仕様の車両が、ワンメイクレースで活躍している。

だから先代までのルーテシアR.S.は3ドアのMT車という硬派な成り立ちであり、われわれもそれを納得していた。ところが現行型では一転、5ドアボディーにデュアルクラッチトランスミッションというスペックになり、一気に万人向けになった。おかげでわが国での販売台数は大幅に増加しているという。

しかしながら、歴代R.S.同様、走りへの情熱はいささかも薄れていない。ユーザーにもその姿勢は伝わっていて、さらなるスポーツマインドを求める向きも多い。
そんな気持ちに応えたのがルノー・ジャポン。専用開発の軽量鍛造アロイホイール、リアスポイラー、マフラーを用意してきた。しかも多くのユーザーにその効果を体感してほしいという配慮から、新車購入者を対象に購入サポートも実施しているのだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る