第393回:ピニンファリーナにインド資本? デ・トマゾの困難……気になるイタリア名門の行方

2015.04.10 エッセイ

“戦後イタリアの象徴”が中国系に

2015年3月22日、中国国有の化学メーカー・中国化工集団(ケムチャイナ)は、タイヤ製造で有名なイタリア企業「ピレリ」を買収すると発表した。このニュースはイタリアでも大きく報道された。

ピレリはタイヤのほかにも、各種ケーブルや化学製品を手がけ、第2次大戦後を象徴する企業のひとつである。ミラノ中央駅前のロンバルディア州庁舎は、もともと「ピレリタワー」として1958年に建てられたものだ。今見てもモダンなその設計は、名建築家ジオ・ポンティによるものである。
ちなみに、デザインファニチャーで知られる「アルフレックス」は、ピレリ出身の技術者たちが、同社で開発された化学素材を活用した家具づくりを目指したのが始まりだった。

そのようなイタリア史と切り離せない歴史をもつピレリだけに、メディアは、イタリア文化のひとつでもあったピレリが外国企業の手に渡ってしまったといったニュアンスで大きく伝えた。

旧ピレリ本社ビル「パラッツォ・ピレリ」。2002年に軽飛行機による意図的な激突事故という災難に巻き込まれたが、数年後修復されて現在に至っている。
旧ピレリ本社ビル「パラッツォ・ピレリ」。2002年に軽飛行機による意図的な激突事故という災難に巻き込まれたが、数年後修復されて現在に至っている。
ピレリはイタリアで不動産事業も展開している。
ピレリはイタリアで不動産事業も展開している。
家具ブランド「アルフレックス」は、ピレリの元技術者たちが、同社の新素材を活用すべく立ち上げたブランドだった。
家具ブランド「アルフレックス」は、ピレリの元技術者たちが、同社の新素材を活用すべく立ち上げたブランドだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。