アウディ、A7スポーツバックをリファインし発売

2015.04.07 自動車ニュース
「アウディA7スポーツバック 3.0 TFSIクワトロ」
「アウディA7スポーツバック 3.0 TFSIクワトロ」

アウディ、4ドアクーペ「A7スポーツバック」をリファインし発売

アウディ ジャパンは2015年4月7日、マイナーチェンジが施された最新型「A7スポーツバック」「S7スポーツバック」「RS 7スポーツバック」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

 
アウディ、A7スポーツバックをリファインし発売の画像
対向車や先行車を眩惑(げんわく)しないようハイビームを自動的に制御する「マトリクスLEDヘッドライト」が搭載される。
対向車や先行車を眩惑(げんわく)しないようハイビームを自動的に制御する「マトリクスLEDヘッドライト」が搭載される。
インテリアの様子。写真は「S7スポーツバック」のもの。
インテリアの様子。写真は「S7スポーツバック」のもの。
中央席のあるベンチタイプとなった、「A7スポーツバック」のリアシート。乗車定員は5人となった。
中央席のあるベンチタイプとなった、「A7スポーツバック」のリアシート。乗車定員は5人となった。
「A7スポーツバック 3.0 TFSIクワトロ」のエンジン。出力、燃費ともに向上した。
「A7スポーツバック 3.0 TFSIクワトロ」のエンジン。出力、燃費ともに向上した。
リアのハッチゲートは、「A7スポーツバック」の特徴の一つ。荷室の容量は553リッター。
リアのハッチゲートは、「A7スポーツバック」の特徴の一つ。荷室の容量は553リッター。
「S7スポーツバック」
「S7スポーツバック」

■新たに2リッター直4ターボモデルも投入

アウディの“4ドアクーペ”、A7スポーツバックと、その高性能モデルであるS7スポーツバック、RS 7スポーツバックにマイナーチェンジが施された。

いずれも新型は、シングルフレームグリルの6つの角がより強調されたフロントデザインとなり、併せてボンネットや前後バンパーの形状も変更された。
ハイビームの光源となる19個のLEDを必要に応じて点灯・消灯し、対向車や先行車の眩惑(げんわく)を防ぐ「マトリクスLEDヘッドライト」も装備(一部モデルを除く)。アニメーションのように、車体中央から側方へと光の帯が伸びるウインカーも新しい。

インテリアでは、オプションとしてバルコナレザーや新デザインのデコラティブパネルが選べるようになった。
また、市場からの5人乗りを求める声に応えるべく、A7スポーツバックの後席は、これまでの2人掛けから3人掛けへと変更された。S7スポーツバックとRS 7スポーツバックの後席は、これまで通り2人掛けとなっている。

パワーユニットも一部改良された。A7スポーツバックのスーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンは、最高出力を従来モデルの310psから333psへと向上。これまで11.0km/リッターだったJC08モードの燃費値も、12.6km/リッターへと高められた。
2リッター直4ターボエンジン(最高出力252ps、最大トルク37.7kgm)を搭載する「A7スポーツバック 2.0 TFSIクワトロ」が追加設定されるのも、トピックの一つ。燃費は現時点では明らかにされていないが、アウディによれば「非常に効率にすぐれた、価格競争力のあるエントリーモデル」とのこと。2015年8月からの販売が予定されている。
4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するS7スポーツバックについても、最高出力を従来モデル比30ps増しの450psとしながら、燃費は9.6km/リッターから10.1km/リッターへと向上。RS 7スポーツバックの最高出力は560psと変わらないが、これまで通りシリーズ最上級のハイパフォーマンスモデルとしてラインナップされる。

今回発表されたA7/S7/RS 7スポーツバックは、インフォテインメントシステムMMI(マルチメディアインターフェイス)も最新型になっており、携帯電話回線を使ってMMIネットワークに接続できる「Audi connect」が搭載されている。カーナビに「Google Earth」を表示することや、目的地検索の際にはGoogleのオンライン検索機能やGoogle Voice Searchを使用することが可能で、有人オペレーターサービスの「Audi connect Navigator」も利用できる。

安全装備も充実。自動ブレーキ機能「アウディブレーキガード」や、車線変更の際に危険をドライバーに知らせる「アウディ サイドアシスト」、ステアリング修正機能が備わる「アクティブレーンアシスト」、「ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロール」などが標準装備され(一部モデルを除く)、動物まで識別できる進化版の「ナイトビジョンシステム」や、駐車時に自動でステアリングを操作してくれる「パークアシスト付きアウディパーキングシステム」も用意される。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・A7スポーツバック 2.0 TFSIクワトロ:716万円
・A7スポーツバック 3.0 TFSIクワトロ:924万円
・S7スポーツバック:1344万円
・RS 7スポーツバック:1772万円

(webCG)

関連記事
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
ホームへ戻る