BMW i8(4WD/6AT)

異次元のクルマ 2015.04.09 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。

走りだしから意外の連続

どこをどう攻めても、涼しい顔で駆け抜けてしまうBMW i8には、「すんなり」というキーワードがよく似合う。汗ばんで肩を怒らせ、歯を食いしばり目を血走らせてねじ伏せる20世紀的なスポーツカードライビングとは、次元が違う。とても不思議な次世代走行物体だ。

その正体は、PHV(プラグインハイブリッド車)。フロントのモーターで前輪を駆動し、リアに搭載したエンジンが後輪を回す、電・ガス分業の変則4WD だ。最近はスポーツカー界でもハイブリッド車がトレンドの先端を突っ走っているが、最も未来的なのがi8。そのうえ1917万円と、圧倒的に買いやすい(?)のも魅力の一つだ。

濃密な未来感は、走りだした瞬間すぐわかる。コンソール上のeDRIVEボタンを押しておくと、まったくエンジンが掛からず、モーターだけでほとんど無音のままスイッと駆けだす。つまり前輪駆動のPEV(純EV)だ。
モーターの最高出力は131psにすぎないが、起動と同時に最大値に達するトルク25.5kgm(しかも3700rpmまで持続)は普通の自然吸気ガソリンエンジンなら2.5リッター級に匹敵するから、1.5トンの重量には十分以上。この状態での最高速は120km/hだから、そのまま高速道路の追い越し車線のペースにも乗れる。

搭載するリチウムイオンバッテリーの総電力量は7.1kWhと小さいが、電動航続距離は意外に長い。自宅の200Vコンセントで充電(2.5~3時間で満充電)してから出勤渋滞をくぐり抜け、高速道路も含めて30km以上、自由にEV状態を満喫できた。計器盤の燃費表示は、その間もちろん99.9km/リッターつまり∞km/リッターのままだ。

「BMW i8」は、BMWの新しいサブブランド「BMW i」からリリースされる、プラグインハイブリッドのスポーツカー。日本では2013年11月にデビューした。
「BMW i8」は、BMWの新しいサブブランド「BMW i」からリリースされる、プラグインハイブリッドのスポーツカー。日本では2013年11月にデビューした。
「BMW i8」のドライブモジュール(写真右下が車体前方)。フロントにモーター、センタートンネルにリチウムイオンバッテリー(総電力量7.1kWh)、リアに1.5リッター直3エンジンが搭載される。
「BMW i8」のドライブモジュール(写真右下が車体前方)。フロントにモーター、センタートンネルにリチウムイオンバッテリー(総電力量7.1kWh)、リアに1.5リッター直3エンジンが搭載される。
インテリアの様子。コックピットのさまざまな機器やスイッチ類は、ドライバーを中心にレイアウトされている。
インテリアの様子。コックピットのさまざまな機器やスイッチ類は、ドライバーを中心にレイアウトされている。
電力の給電口は、左側フロントフェンダーに設置される。満充電の状態からは、およそ35kmのEV走行が可能。なお、ガソリンの給油口は右側リアフェンダーにある。
電力の給電口は、左側フロントフェンダーに設置される。満充電の状態からは、およそ35kmのEV走行が可能。なお、ガソリンの給油口は右側リアフェンダーにある。

BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る