プジョー208GTiに、205GTiデビュー30周年記念車

2015.04.08 自動車ニュース
「プジョー208GTi 30th Anniversary(サーティエス・アニバーサリー)」
「プジョー208GTi 30th Anniversary(サーティエス・アニバーサリー)」

「プジョー208GTi」に「205GTi」のデビュー30周年を祝う限定モデル登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年4月8日、「プジョー208」に特別仕様車「208GTi 30th Anniversary(サーティエス・アニバーサリー)」を設定し、同年5月1日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、「205GTi」のデビュー30周年を記念した限定モデルであり、日本へは50台が導入される。特徴は最高出力を208psに、最大トルクを30.6kgmに高めたエンジン(標準モデルは200ps、28.0kgm)や、専用にチューニングされた足まわり、プジョースポールのロゴを配したバケットシートなど。

外装色は2色で、「サテン・ホワイト」に加え、特別色としてコンセプトカー「EXALT(エグザルト)」をほうふつさせるマットブラックとソリッドレッドのツートンカラー「クープ・フランシュ」が用意されている。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。

エクステリア
・フロントグリルやホイールアーチなどのマットブラックパーツ
・記念エンブレム(リアクオーターピラー)
・マットブラック18インチホイール
・レッドブレーキキャリパー

インテリア
・プジョースポールロゴ入りバケットシート(アルカンターラ、テップレザー、ファブリックのコンビタイプ)
・ブラックパネル(タッチスクリーン下部)
・レッドライン付きインナードアハンドル
・アルミペダル&フットレスト
・シリアルナンバープレート(室内灯上部)

エンジンやドライブトレイン
・専用チューニングの1.6リッター直4 DOHCターボエンジン(最高出力208ps、最大トルク30.6kgm)
・トルセンLSD
・専用ショックアブソーバー
・専用スプリング
・専用ESPプログラム
・専用パワーステアリング
・ストップ&スタート機構

価格は以下の通り。
・208GTi 30th Anniversary(サテン・ホワイト):358万円
・208GTi 30th Anniversary(クープ・フランシュ):388万円

(webCG)

関連キーワード:
208プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • 「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場 2017.10.3 自動車ニュース プジョーのミドルサイズSUV「3008」に、特別仕様車「BlueHDiスペシャルエディション」が登場。ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のパワープラントや機能装備と、落ち着いた「アリュール」の内外装の組み合わせを特徴としている。
  • 「プジョー308/308SW」に充実装備の特別仕様車 2018.1.5 自動車ニュース 「プジョー308/308SW」に特別仕様車の「スペシャルエディション」が登場。「アリュール」「アリュールBlueHDi」の2グレードをベースに、17インチアルミホイールやサンルーフ、DENON製のオーディオシステムなどを特別装備している。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る