プジョー208GTiに、205GTiデビュー30周年記念車

2015.04.08 自動車ニュース
「プジョー208GTi 30th Anniversary(サーティエス・アニバーサリー)」
「プジョー208GTi 30th Anniversary(サーティエス・アニバーサリー)」

「プジョー208GTi」に「205GTi」のデビュー30周年を祝う限定モデル登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年4月8日、「プジョー208」に特別仕様車「208GTi 30th Anniversary(サーティエス・アニバーサリー)」を設定し、同年5月1日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、「205GTi」のデビュー30周年を記念した限定モデルであり、日本へは50台が導入される。特徴は最高出力を208psに、最大トルクを30.6kgmに高めたエンジン(標準モデルは200ps、28.0kgm)や、専用にチューニングされた足まわり、プジョースポールのロゴを配したバケットシートなど。

外装色は2色で、「サテン・ホワイト」に加え、特別色としてコンセプトカー「EXALT(エグザルト)」をほうふつさせるマットブラックとソリッドレッドのツートンカラー「クープ・フランシュ」が用意されている。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。

エクステリア
・フロントグリルやホイールアーチなどのマットブラックパーツ
・記念エンブレム(リアクオーターピラー)
・マットブラック18インチホイール
・レッドブレーキキャリパー

インテリア
・プジョースポールロゴ入りバケットシート(アルカンターラ、テップレザー、ファブリックのコンビタイプ)
・ブラックパネル(タッチスクリーン下部)
・レッドライン付きインナードアハンドル
・アルミペダル&フットレスト
・シリアルナンバープレート(室内灯上部)

エンジンやドライブトレイン
・専用チューニングの1.6リッター直4 DOHCターボエンジン(最高出力208ps、最大トルク30.6kgm)
・トルセンLSD
・専用ショックアブソーバー
・専用スプリング
・専用ESPプログラム
・専用パワーステアリング
・ストップ&スタート機構

価格は以下の通り。
・208GTi 30th Anniversary(サテン・ホワイト):358万円
・208GTi 30th Anniversary(クープ・フランシュ):388万円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る