トヨタ・アルファード ガソリン車 2.5リッター G 7人乗り(FF/CVT)

現代ニッポンの高級車 2015.04.13 試乗記 2015年1月の登場以来、好調を維持しているトヨタの新型「アルファード」。充実した装備が自慢の「G」の試乗を通し、「大空間高級サルーン」と呼ばれる同モデルならではの世界に触れた。

その人気はアジアでも?

「現在、以下の車種につきましては、ご注文をいただいてから工場出荷予定までに、3カ月を超える期間を要しております。通常より納期が遅れておりますことを、心からおわび申し上げます」

トヨタがこんな声明を出したのは2015年3月31日のこと。以下の車種とは、その2カ月ほど前の1月26日に発売した新型アルファードと「ヴェルファイア」である。月間販売目標は前者が3000台、後者が4000台。これほどのボリュームのクルマ、しかも300万円以上から始まる高級車の納車が、同年7月以降になるという。「心からおわび申し上げ」なければならない事態なのだから、現場はうれしい悲鳴であるに違いない。「異次元の金融緩和」によって高級品が飛ぶように売れているという説もある。筆者のまわりに株高の恩恵に浴した人はいないのでわからんのですが、世の中はそういうことになっているらしい。

そういえば、アルファードが新型に切り替わった直後、こんなうわさを聞いた。いま、アルファードを中古車としてタイだか香港だかに輸出すると100万円のもうけが出るというのだ。もしかしたら、業者の手によってバンバカ輸出されているのかもしれない……。

ともかくアジアで大ヒットしているのである、アルファード/ヴェルファイアは。心して乗ってみようではありませんか。

「G」のインストゥルメントパネルまわり。ステアリングホイールは、本革と茶木目調加飾のコンビタイプとなる。
「G」のインストゥルメントパネルまわり。ステアリングホイールは、本革と茶木目調加飾のコンビタイプとなる。
ダイヤモンドステッチが施されたファブリックと合成皮革のコンビシート。
ダイヤモンドステッチが施されたファブリックと合成皮革のコンビシート。
「G」のセカンドシートには、最大で830mmという前後スライド調整機構を採用。横方向へのスライドも可能で、左右席の間には折りたたみ式のサイドテーブルが備わっている。
「G」のセカンドシートには、最大で830mmという前後スライド調整機構を採用。横方向へのスライドも可能で、左右席の間には折りたたみ式のサイドテーブルが備わっている。
サードシートの中央には、左右席用のセンターアームレストが標準装備される。
サードシートの中央には、左右席用のセンターアームレストが標準装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る