第394回:ダビデ像とビーナス像がお出迎え! 「クルマのネバーランド」発見

2015.04.17 エッセイ

アメリゴ・ヴェスプッチ空港

みなさんは「アメリゴ・ヴェスプッチ」の名前を覚えておられるだろうか。歴史の教科書に、ちょっぴり出てきたはずである。16世紀初め、南米大陸に到達したイタリアの探検家だ。

コロンブスがヨーロッパ人としてアメリカ海域に初めて達したのは、例の“意欲に燃えた”15世紀末の1492年だから、ヴェスプッチが到達したのは、そのあとである。ただしコロンブスは新大陸を生涯インドだと思い込んでいたため、いわゆるネイティブアメリカンを「インディアン(インドの人)」と呼ぶ大間違いを犯した。

いっぽう、ヴェスプッチは1502~1503年頃に論文「新世界」で、南米大陸がアジアやアフリカと陸続きでないことを証明した。それをきっかけに、数年後ドイツ人地理学者が新版世界地図の作製にあたり、ヴェスプッチのファーストネームにちなみ新大陸を「アメリカ」とした。
アメリゴ・ヴェスプッチは、誰もが知る大陸名の元にもかかわらず、コロンブスの知名度には足元にも及ばない。ボクからすれば、運が良いのか悪いのかわからない人である。

ヴェスプッチは、フィレンツェの出身だった。そのため高知空港が高知龍馬空港であるように、フィレンツェの空港には「アメリゴ・ヴェスプッチ空港」という愛称がある。恥ずかしながらボク自身は、彼がこの地の出だと、イタリアに住み始めるまでまったく知らなかった。

民間空港駐車場「フィレンツェ・パーキング」にて。なぜかイタリア国旗を掲げるダビデ像が迎えてくれた。詳細は次のページで。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。