トヨタ・オーリス120T/86 GT“リミテッド”/プリウスα S“ツーリングセレクション・G's”/ハリアー エレガンス“G's”

本命エンジンで激戦区に挑む 2015.04.14 試乗記 マイナーチェンジと合わせ、新開発の1.2リッターターボエンジン搭載モデルが追加された「オーリス」と、小変更を受けた「86(ハチロク)」、「G's」のラインナップに加わった「プリウスα(アルファ)G's」「ハリアーG's」をサーキットで試乗した。

最小排気量で最上級グレード

マイナーチェンジとはいうものの、トヨタにとっては大きな変革だ。オーリスに与えられた1.2リッター直噴ターボエンジン「8NR-FTS」は、重要な戦略的意義を持つ。昨年「レクサスNX」でデビューした2リッターターボに続き、ダウンサイジングの本命エンジンがついにラインナップに加わったのだ。

オーリスは日本ではあまり目立つ存在ではないが、ヨーロッパでの知名度は抜群だ。「フォード・フォーカス」「プジョー308」などとともに、王者「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に挑んでいる。このCセグメントハッチバックというジャンルは、各自動車メーカーがプライドをかけて争う激戦区なのだ。新エンジンをオーリスにいち早く搭載したのは当然である。ゴルフはダウンサイジングでは先頭を行っていて、先代から1.2リッターターボを採用している。1.2リッターターボエンジンはルノーやプジョーもラインナップしており、これでトヨタは真っ向勝負をする態勢が整った。

従来の1.5リッターと1.8リッターの自然吸気エンジンはそのまま引き継がれ、新エンジンを搭載した「120T」というグレードが加わった。快適装備や豪華な内装が与えられ、最上級グレードという位置づけである。最も排気量が小さいエンジンを搭載するモデルを特別扱いしているところに、このモデルの持つ意味が表れている。

1.2リッターエンジンの最高出力は116psで、1.8リッターの144psには及ばない。しかしJC08モード燃費は19.4km/リッターで、1.8リッターモデルの14.4km/リッターはもちろん、1.5リッターモデルの18.2km/リッターをも上回る。対ゴルフではパワー・トルクでは優位に立つが、燃費でライバルの21.0km/リッターに手が届かなかったことは惜しまれるところだ。

試乗会は千葉県袖ケ浦市の袖ケ浦フォレストレースウェイで行われた。
新開発の1.2リッター直4直噴ターボエンジン「8NR-FTS」。
ロワグリルの開口部が広げられるなど、エクステリアにも変更が加えられた。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オーリスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る