第3戦中国GP決勝結果【F1 2015 速報】

2015.04.12 自動車ニュース

【F1 2015 速報】第3戦中国GP、ハミルトン今季2勝目

F1世界選手権第3戦中国GP決勝が、2015年4月12日、中国の上海インターナショナル・サーキット(5.451km)を56周して行われた。

開幕戦オーストラリアGPで完勝、第2戦マレーシアGPでフェラーリに惨敗したメルセデスが、上海では再び王者の貫禄を示した。ルイス・ハミルトンがポールポジションから今季2勝目、自身通算35勝目を飾り、2位に入ったニコ・ロズベルグとともにメルセデスは今年2度目の1-2フィニッシュを達成した。

前戦のウィナー、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは3位でゴール。今回はチャンピオンに歯が立たなかったものの、これで3戦連続のポディウムとなり、フェラーリはメルセデスに次ぐポジションを確固たるものとした。

予選6位のキミ・ライコネンは4位でチェッカードフラッグを受け、スクーデリア好調をアピール。ウィリアムズ・メルセデス勢はフェリッペ・マッサ5位、バルテリ・ボッタス6位で、メルセデス、フェラーリとの力の差が出てしまった。
ロータス・メルセデスのロメ・グロジャンが7位に入り、チームは今季初入賞。ザウバー・フェラーリはフェリッペ・ナッサー8位、マーカス・エリクソン10位と開幕戦に続きダブル入賞を果たした。
苦戦が続くレッドブル・ルノーはダニエル・リカルドが9位完走、ダニール・クビアトはマシントラブルでリタイアを喫した。

以下、11位セルジオ・ペレス(フォースインディア・メルセデス)、12位フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、13位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、14位カルロス・サインツJr.(トロロッソ・ルノー)、15位ウィル・スティーブンス(マノー・マルシャ・フェラーリ)、16位ロベルト・メリ(マノー・マルシャ)、17位マックス・フェルスタッペン(トロロッソ)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップでは、1位ハミルトン68点、2位ベッテル55点、3位ロズベルグ51点と3人がトップ集団をつくり、4位マッサ30点、5位ライコネン24点が続いている。
コンストラクターズタイトル争いは、1位メルセデス119点で、2位フェラーリとの間に40点のギャップができた。以下、3位ウィリアムズは48点、4位ザウバー19点、5位レッドブルは13点を集めている。

【情報更新】
レース後、13位でチェッカードフラッグを受けたバトンに5秒加算のペナルティーが課された。レース中のパストール・マルドナドとの接触の責任を問われてのもので、結果バトンは14位に降格。13位にはサインツJr.が繰り上がった。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。