トヨタ、カローラフィールダーのPRライブを開催

2015.04.13 自動車ニュース
「トヨタ・カローラフィールダー」
「トヨタ・カローラフィールダー」

トヨタ、「カローラフィールダー」のPRライブを開催

トヨタ自動車は2015年4月13日、新型「カローラフィールダー」のPR用ライブパフォーマンス「MIXED REALITY LIVE!」を都内で開催した。

当日は、「カローラフィールダー」のCMソングを歌う3組のアーティストが登壇。写真はPUFFYの2人。
当日は、「カローラフィールダー」のCMソングを歌う3組のアーティストが登壇。写真はPUFFYの2人。
こちらもテレビCMに出演する、歌手の加藤ミリヤと清水翔太。
こちらもテレビCMに出演する、歌手の加藤ミリヤと清水翔太。
3組4人がテレビCMソング「丘を越えて」を熱唱。ライブの様子は、“現実とバーチャルが楽しめる映像処理”を加えた上で、2015年4月22日に「TOYOTOWNウェブサイト」で公開される。
3組4人がテレビCMソング「丘を越えて」を熱唱。ライブの様子は、“現実とバーチャルが楽しめる映像処理”を加えた上で、2015年4月22日に「TOYOTOWNウェブサイト」で公開される。

トヨタ、カローラフィールダーのPRライブを開催の画像

今回の「MIXED REALITY LIVE!」は、カローラフィールダーのテレビCMに出演しているPUFFY、清水翔太、加藤ミリヤが、CMソングの「丘を越えて」をメドレーで歌い継ぐPRイベント。
専用ゴーグルを使うと、現実のステージとコンピューターグラフィックのバーチャル映像が交錯するライブを楽しめるという、新しい試みである。

当日は、CMキャラクターを務めるSMAPの木村拓哉も登壇。「新デザインのカローラフィールダーには、とても引かれます」「カローラが新しくなったことで、自分も変わっていくよう背中を押されている気になりますね」などとコメントした。

このライブの模様は、同年4月22日からトヨタの「TOYOTOWN(トヨタウン)ウェブサイト」内で「360°LIVE」として紹介される予定( http://live.toyotown.jp )。
サイト内では、全方位360度の映像を全画面表示することができ、マウスのドラッグで自由な視点移動が可能。「REAL」「VR」ボタンを操作することで、現実とバーチャルの映像をシームレスに切り替えることができるという。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ フィールダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.2 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る