第291回:デビュー戦で見事完走!
ディーゼルデミオ、スーパー耐久参戦記

2015.04.17 エディターから一言
スーパー耐久シリーズ2015の開幕戦でデビューを果たした「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」。
スーパー耐久シリーズ2015の開幕戦でデビューを果たした「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」。

“戦うSKYACTIV-D”がいよいよ日本のサーキットに現れた。スーパー耐久シリーズ(通称S耐)2015の開幕戦がツインリンクもてぎで開催され(2015年3月28日予選、29日決勝)、1.5リッター直噴ディーゼルターボを搭載する「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」が見事完走を果たした。ステアリングを握った筆者が、その参戦記をお届けする。

マツダはWECで「マツダLMP2 SKYACTIV-Dレーシング」を走らせ、ディーゼルエンジンによるレース活動をすでに行っている。しかし日本国内で、しかも市販車ベースだと、このクルマが初ということになるはずだ。
マツダはWECで「マツダLMP2 SKYACTIV-Dレーシング」を走らせ、ディーゼルエンジンによるレース活動をすでに行っている。しかし日本国内で、しかも市販車ベースだと、このクルマが初ということになるはずだ。
S耐の車両規定はグループNに準じ、改造範囲は狭い。1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンは105psと22.4kgmを生み出す(6MT仕様の場合)。
S耐の車両規定はグループNに準じ、改造範囲は狭い。1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンは105psと22.4kgmを生み出す(6MT仕様の場合)。
ノガミプロジェクト(Team NOPRO)のドライバーとスタッフ。写真中央の左から野上敏彦代表(青いレーシングスーツ)、谷川達也選手、野上達也選手(黄色いスーツ)、そして筆者(白いスーツ)。
ノガミプロジェクト(Team NOPRO)のドライバーとスタッフ。写真中央の左から野上敏彦代表(青いレーシングスーツ)、谷川達也選手、野上達也選手(黄色いスーツ)、そして筆者(白いスーツ)。

日本初の市販ディーゼルレーサー

去る3月の最後の週末、筆者は歴史的な瞬間に立ち会ってしまった。「マツダ・デミオ」のレーシングカーで、レースに出場してしまったのである。……って、そんだけ? なんて言わないで! デミオはデミオでも、そのエンジンは今をときめくSKYACTIVの「D」。1.5リッター直噴ディーゼルターボを搭載したデミオの「XD」なのだから。

海外ではフォルクスワーゲンやアウディが、すでにディーゼルエンジンでレース活動を行っており、マツダもFIA世界耐久選手(WEC)でバイオディーゼル燃料を使って走るLMP2マシン「SKYACTIVレーサー」を走らせていたりする。

しかし、日本で市販されたディーゼルカーでレースを戦うのは、初めてのこと(だと思う)。いずれにせよ、デミオでは初だ。

このような幸運を与えてくれたのは、マツダ車の老舗チューナー「ノガミプロジェクト」である。代表の野上敏彦さんは元マツダスピードという経歴を持ち、鈴鹿1000kmや全日本GT選手権にも出場したドライバー。「今年、面白いレーシングカーを作るんだけど、興味ありますか?」と、モータージャーナリストとしての筆者に声をかけてくださったというわけである。

ちなみにノガミプロジェクトは2012年から先代デミオで全日本格式のツーリングカーレース、スーパー耐久に参戦しており、昨年はクラス3位を獲得した実績を持っている。これを熟成させることで、さらなる高みを狙うこともできたはずだが、野上代表は「マツダを愛する立場として、未知の領域へとチャレンジしたかった」と、ディーゼルでの参戦理由を語ってくれた。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
ホームへ戻る