ポルシェ911 GT3(RR/7AT)

「どこでもニュル」な911 2015.04.16 試乗記 フラットシックスが直噴化され、PDKやリアホイールステア機構が採用されるなど、メカニズム的に大きな飛躍を遂げた現行「911 GT3」。あのサーキット直系のヒリヒリするようなGT3らしさは、どう再定義されたのだろうか。

MT廃止もやむなし

991世代の新型GT3は、いつものwebCGパーキングに止められなかった。ペタペタに低い車高が、車道からの段差をクリアできそうになかったからだ。やればできたかもしれないが、1900万円オーバーのクルマでそんな冒険ははばかられた。編集部Tさんに「パンダ」で送ってもらい、数km離れたコインパーキングへ行く。

白日の下で見る真っ赤なGT3は、やはりサーキットの狼である。センターロックの20インチ鍛造ホイールからは巨大なブレーキキャリパーがのぞく。フロントの低いリップスポイラーも、取って付けたようなリアウイングも、ただごとではない迫力だ。ただ、その空力武装は、前日まる一日、「BMW i8」と過ごしていた筆者の目には、正直、“竹ヤリ出っ歯”のように見えた。

左側の運転席に乗り込むと、中はフツーである。センターパネルにはPDKのセレクターが生えている。これまでのレーシング911ユニットとは完全に決別した直噴3.8リッターフラットシックスや、新たな後輪ステア機構などとともに、新型GT3の大きなニュースはPDKの採用だ。GT3もついに2ペダルか! というノスタルジアもあるだろうが、ラップタイム至上主義者なら、MTが落とされたことに異議を唱える人はいないはずだ。どんなポルシェも、スピードでPDKをしのぐMTモデルはないのだから。

現行「911 GT3」は2013年3月のジュネーブショーで発表され、その翌週に日本で予約受注が始まった。車両価格は1912万円。
現行「911 GT3」は2013年3月のジュネーブショーで発表され、その翌週に日本で予約受注が始まった。車両価格は1912万円。
内装は黒を基調にまとめられ、ステアリングなど随所にアルカンターラが用いられる。
内装は黒を基調にまとめられ、ステアリングなど随所にアルカンターラが用いられる。
大型の固定式リアウイングが“好戦的”な雰囲気を演出する。テスト車のボディーカラーは「ガーズレッド」。
大型の固定式リアウイングが“好戦的”な雰囲気を演出する。テスト車のボディーカラーは「ガーズレッド」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る