スバル・インプレッサに装備充実の特別仕様車

2015.04.14 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ2.0i EyeSight Proud Edition」
「スバル・インプレッサスポーツ2.0i EyeSight Proud Edition」

「スバル・インプレッサ」に装備充実の特別仕様車

富士重工業は2015年4月14日、「スバル・インプレッサ」に特別仕様車「Proud Edition(プラウドエディション)」を設定し、発売した。

「インプレッサG4 2.0i EyeSight Proud Edition」
「インプレッサG4 2.0i EyeSight Proud Edition」
「インプレッサスポーツ2.0i EyeSight Proud Edition」のインテリア。(写真のカーナビはディーラーオプション)
「インプレッサスポーツ2.0i EyeSight Proud Edition」のインテリア。(写真のカーナビはディーラーオプション)
 
スバル・インプレッサに装備充実の特別仕様車の画像

今回のProud Editionは、通常上級グレードに装備されている、質感が高く使い勝手の良いアイテムが与えられた特別仕様車。ハッチバック「インプレッサスポーツ」とセダン「インプレッサG4」のそれぞれに対して設定される。

具体的な特別装備の内容は、以下の通り。

・メッキドアハンドル
・ピアノブラック調加飾パネル+シフトブーツ
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、ヒーテッドドアミラー、はっ水加工フロントドアガラス)
・濃色ガラス(※「1.6i-L」は標準装備)
・本革巻きステアリングホイール(※2リッターモデルは標準装備)
・本革巻きセレクトレバー(※2リッターモデルは標準装備)
・運転席&助手席8ウェイパワーシート(※2リッターモデルのみ)
・切削光輝タイプの16インチアルミホイール(※2リッターモデルのみ)
・HIDロービームランプ(※2リッターモデルのみ)

価格は以下の通り。

インプレッサスポーツ
・1.6i-L Proud Edition(FF車):180万3600円
・1.6i-L Proud Edition(4WD車):201万9600円
・2.0i Proud Edition(FF車):201万9600円
・2.0i EyeSight Proud Edition(4WD車):236万5200円

インプレッサG4
・1.6i-L Proud Edition(FF車):180万3600円
・1.6i-L Proud Edition(4WD車):201万9600円
・2.0i Proud Edition(FF車):201万9600円
・2.0i EyeSight Proud Edition(4WD車):236万5200円

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサG4インプレッサスポーツスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る