ホンダS660 α(MR/CVT)/ホンダS660 α(MR/6MT)

都合のいいスポーツカー 2015.04.21 試乗記 いまオーダーしたら1年待ち!? 販売好調が伝えられる「S660」に一般道で試乗。ホンダ渾身(こんしん)の軽スポーツの、魅力と課題を探った。

64psがもどかしい!?

3月のはじめ、熊本県にあるホンダがもつミニサーキットで、話題のS660を初めて走らせることができた。コンセプトモデルという扱いだったが、タイミングから考えて市販モデルと同一だったはずだ。その際、基本骨格から細部にいたるまでしっかりとつくり込まれたグッドスポーツカーだと感じた。同時に、しっかりとつくり込まれているからこそ、最高出力が自動車メーカー間で定められた自主規制値の64psにとどまったことがもどかしかった。あと30ps、いや20ps上乗せされれば、とても刺激的な、素晴らしいスポーツカーになるだろうと思ったからだ。

あれからひと月たって、今度は高知県の一般道で、ナンバーの付いた市販モデルに試乗する機会を得た。一般道を走らせてみて、多少考えが変わった。依然としてモアパワーを望む思いは変わらないが、64psのS660も、これはこれでアリだなと感じるようになった。その心境の変化について言い訳、もとい説明しつつ、S660をもう少し掘り下げてみたい。

S660は2015年3月30日に発表、4月2日に発売された。4月5日の段階で累計5200台(発売前に3100台、発売後4日間で2100台)のオーダーが入っていたという。すでにデリバリーが開始されているが、1日あたり40台しか生産できないこともあって、これからオーダーを入れても今年中にデリバリーされるかされないか、だとか。

タイミングを考えると、5200人のうちのほぼ全員が試乗しないで購入を決めたことになる。実物を見ることなく注文したという人もいるはずだ。これは端的に言って、多くの人にS660のスタイリングが評価されたということだろう。動力性能を期待して……というのもあるだろうが、カタチを相当気に入らなければ、なかなか試乗なしで決めることはないんじゃないか。

2015年3月30日にデビューした、ホンダ久々の2シータースポーツ「S660」。0.66リッターのエンジンをミドに積む、軽乗用車である。
2015年3月30日にデビューした、ホンダ久々の2シータースポーツ「S660」。0.66リッターのエンジンをミドに積む、軽乗用車である。
コックピットの様子。下端が水平になった純正ステアリングの直径は、ホンダの市販車としては最小の350mm。
コックピットの様子。下端が水平になった純正ステアリングの直径は、ホンダの市販車としては最小の350mm。

「S660」のルーフは、左右から巻き取って外す「ロールトップ」タイプ。単体重量は8kgで、オープン時はフロントボンネット下のユーティリティーボックス内に収納する。


    「S660」のルーフは、左右から巻き取って外す「ロールトップ」タイプ。単体重量は8kgで、オープン時はフロントボンネット下のユーティリティーボックス内に収納する。

ホンダS660 α(MR/CVT)/ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る