ホンダS660 α(MR/CVT)/ホンダS660 α(MR/6MT)

都合のいいスポーツカー 2015.04.21 試乗記 いまオーダーしたら1年待ち!? 販売好調が伝えられる「S660」に一般道で試乗。ホンダ渾身(こんしん)の軽スポーツの、魅力と課題を探った。

64psがもどかしい!?

3月のはじめ、熊本県にあるホンダがもつミニサーキットで、話題のS660を初めて走らせることができた。コンセプトモデルという扱いだったが、タイミングから考えて市販モデルと同一だったはずだ。その際、基本骨格から細部にいたるまでしっかりとつくり込まれたグッドスポーツカーだと感じた。同時に、しっかりとつくり込まれているからこそ、最高出力が自動車メーカー間で定められた自主規制値の64psにとどまったことがもどかしかった。あと30ps、いや20ps上乗せされれば、とても刺激的な、素晴らしいスポーツカーになるだろうと思ったからだ。

あれからひと月たって、今度は高知県の一般道で、ナンバーの付いた市販モデルに試乗する機会を得た。一般道を走らせてみて、多少考えが変わった。依然としてモアパワーを望む思いは変わらないが、64psのS660も、これはこれでアリだなと感じるようになった。その心境の変化について言い訳、もとい説明しつつ、S660をもう少し掘り下げてみたい。

S660は2015年3月30日に発表、4月2日に発売された。4月5日の段階で累計5200台(発売前に3100台、発売後4日間で2100台)のオーダーが入っていたという。すでにデリバリーが開始されているが、1日あたり40台しか生産できないこともあって、これからオーダーを入れても今年中にデリバリーされるかされないか、だとか。

タイミングを考えると、5200人のうちのほぼ全員が試乗しないで購入を決めたことになる。実物を見ることなく注文したという人もいるはずだ。これは端的に言って、多くの人にS660のスタイリングが評価されたということだろう。動力性能を期待して……というのもあるだろうが、カタチを相当気に入らなければ、なかなか試乗なしで決めることはないんじゃないか。

2015年3月30日にデビューした、ホンダ久々の2シータースポーツ「S660」。0.66リッターのエンジンをミドに積む、軽乗用車である。
2015年3月30日にデビューした、ホンダ久々の2シータースポーツ「S660」。0.66リッターのエンジンをミドに積む、軽乗用車である。
コックピットの様子。下端が水平になった純正ステアリングの直径は、ホンダの市販車としては最小の350mm。
コックピットの様子。下端が水平になった純正ステアリングの直径は、ホンダの市販車としては最小の350mm。

「S660」のルーフは、左右から巻き取って外す「ロールトップ」タイプ。単体重量は8kgで、オープン時はフロントボンネット下のユーティリティーボックス内に収納する。


    「S660」のルーフは、左右から巻き取って外す「ロールトップ」タイプ。単体重量は8kgで、オープン時はフロントボンネット下のユーティリティーボックス内に収納する。

ホンダS660 α(MR/CVT)/ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】の画像
関連記事
  • ホンダS660 β(MR/CVT)【試乗記】 2015.5.11 試乗記 発売されるや自動車ファンからの大喝采を浴びた、ホンダの新型2シータースポーツ「S660」。実際に乗ってみたら、どうだった? CVTのベーシックモデルで、その実力を試した。
  • ホンダS660 α モデューロパーツ装着車(MR/6MT)【レビュー】 2015.9.19 試乗記 “プレモル”的な味わいがある? ホンダの純正アクセサリーブランド、モデューロのカスタマイズパーツを装着した「S660」に試乗。純正のことを知り尽くしたモデューロならではの、純正の乗り味を大切にした“プレミアムな走りの味”をリポートする。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 第18回:ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ホンダアクセス モデューロ体感試乗会【試乗記】 2015.8.18 試乗記 ホンダ車用の純正カスタマイズアイテムを提供するブランド「Modulo(モデューロ)」。そのパーツを組み込むことで、実際の走りや乗り心地はどのように変化するのか? 「S660」をはじめとする5台のテスト車に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る