メルセデス・ベンツA180 Style Plus限定発売

2015.04.14 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツA180 Style Plus」
「メルセデス・ベンツA180 Style Plus」

「メルセデス・ベンツA180 Style Plus」限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2015年4月14日、「Aクラス」の特別仕様車「A180 Style Plus(スタイル プラス)」を発表するとともに、500台限定で受注を開始した。正式な発売時期は、同年6月上旬を予定している。

「A180 Style Plus」のインテリア。写真は、ボディーカラーがカルサイトホワイトのもの。
「A180 Style Plus」のインテリア。写真は、ボディーカラーがカルサイトホワイトのもの。
こちらは、ジュピターレッドのモデルのインテリア。ボディーカラーによりシートの仕立てが異なる。
こちらは、ジュピターレッドのモデルのインテリア。ボディーカラーによりシートの仕立てが異なる。

A180 Style Plusは、「A180」をベースとする特別限定車。ボディーカラーはカルサイトホワイトとジュピターレッドが選べ、それぞれボディー同色のフロントグリルや17インチ5ツインスポークアルミホイール、専用シート、専用インテリアトリムなどでドレスアップされる。
安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」や、駐車をサポートする「アクティブパーキングアシスト」なども与えられる。

主な特別装備の内容は、以下の通り。

・専用エクステリア(クロム付きボディー同色フロントグリル、リアデザイン)
・専用シート(レザーツイン)
・専用インテリアトリム(マトリックスブラック)
・専用ドアパネル(ファブリック)
・専用17インチ5ツインスポークアルミホイール
・メモリー付きフルパワーシート<前席>
・シートヒーター<前席>
・プライバシーガラス<後席左右およびラゲッジルーム>
・リバースポジション機能付きドアミラー<助手席側>
・クライメートコントロール(左右独立調整)
・電動ランバーサポート<前席>
・ベーシックパッケージ
(バイキセノンヘッドライト&ヘッドライトウォッシャー、LEDポジショニングライト、LEDウインカー、LEDリアコンビネーションランプ、LEDリアフォグランプ、パークトロニック、アクティブパーキングアシスト、アームレスト<後席>、カップホルダー<後席>、トランクスルー機能、キーレスゴー、コンビニエンスオープニング/クロージング機能)
・レーダーセーフティーパッケージ
(ブラインドスポットアシスト、ディストロニック・プラス、CPAプラス<緊急ブレーキ機能>、レーンキーピングアシスト、PRE-SAFE)

価格は、ベースモデルより74万円高の372万円。カルサイトホワイトのモデルは300台、ジュピターレッドのモデルは200台の限定で販売される。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • メルセデス・ベンツB250 4MATIC(4WD/7AT)【海外試乗記】 2014.11.26 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクト・ピープルムーバー「Bクラス」がフェイスリフトを受けた。その内容は外装の部分的な変更にとどまらず、内装のアップグレードに安全装備の拡充と多岐に及んでいる。「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」を迎え撃つ態勢はこれで万全か? 2リッターのガソリンターボエンジンを搭載する「B250 4MATIC」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • メルセデス・ベンツB250 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2015.7.6 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」の中で、最上級にして唯一の4WDモデルとなる「B250 4MATICスポーツ」。試乗してみると、ほかのコンパクトカーとは異なる、このクルマならではの特質が見えてきた。
ホームへ戻る