第97回:さよならポール、最高のラストドライブだった……
『ワイルド・スピード SKY MISSION』

2015.04.16 エッセイ

悲劇を乗り越えて作られた作品

『ワイルド・スピード』第1作の公開は2001年だから、もう14年になる。今回の『ワイルド・スピード SKY MISSION』は7作目だ。このままいけば『男はつらいよ』のような超ロングシリーズになりそうだったのだが、それはかなわない夢になってしまった。2013年11月にポール・ウォーカーが自動車事故で亡くなったからだ。彼は主役のひとりであるブライアンを演じていた。

その頃はちょうど今作の撮影中だった。ドム役のヴィン・ディーゼルとともにシリーズを支えてきた役者がいなくなってしまったのだから、完成が危ぶまれたのは当然である。しかし、当初の予定から9カ月ほど遅れたものの、製作陣は見事に仕事をやってのけた。脚本を修正してポールの弟を代役に使って未撮影部分を補完し、CGを駆使して映像を作り上げたのだ。

同じような道をたどった映画に『死亡遊戯』がある。『燃えよドラゴン』で世界的大スターとなったブルース・リーが途中まで撮影を終えていた作品で、彼の死から5年後に公開されている。クライマックスの格闘シーンは撮り終えていたものの前半はまったく手付かず状態で、ユン・ピョウらが代役となって追加撮影を行った。顔のアップは過去作から流用し、稚拙な合成画面も使ってなんとかつじつまを合わせた。ただ、『燃えよドラゴン』の完成度にはほど遠い仕上がりで、ファンからは酷評されたのである。

『スカイミッション』には、そんな心配は無用である。どこが代役でどこがCGなのか、観ていてまったくわからなかった。違和感が一切なかったのはありがたかったが、それよりもうれしいのは作品の完成度である。シリーズナンバーワンの出来になったことは疑いようがない。

(C) 2014 Universal Pictures
(C) 2014 Universal Pictures

第97回:さよならポール、最高のラストドライブだった……『ワイルド・スピード SKY MISSION』の画像

第97回:さよならポール、最高のラストドライブだった……『ワイルド・スピード SKY MISSION』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。