第21回:新型「ナバラ」試乗&日産タイランド社長直撃!
タイはなぜにASEANのデトロイトになったのか?

2015.04.17 エッセイ

なんだかんだでよく話題になる国

みなさん、タイにいっタイどんな印象ありますか? ムエタイ? それとも一時自動車業界でも話題になった洪水問題!? 実は不躾(ぶしつけ)オザワ、先日初めてマトモにタイ取材に行って参りまして、日産タイランドで超基本的なことから学んできましたっ!

いまさらですが、時代はやっぱりアジア、特にASEANだったりする。着実に高コスト国になりつつある中国に比べ、ASEANはその点まだまだで、しかも人口はインドネシアが2億人! タイランドが6000万人、ASEAN全体では6億人!! の超ビッグ市場である。しかもしかも、国民1人当たりのGDPが3000USドルを超えているのに、例えば2014年のタイの新車販売台数は90万台前後しかない。もう少し見ていくと、2014年のタイの1人当たりGDPは5500ドル、インドネシアは3400ドルに達しているのに、人口1000人当たりの普及率はタイが208台で、インドネシアも77台にとどまっている。

本来もっと自動車が売れててもいいわけで、しかもASEANは中国・韓国のような反日ならぬ親日体質の持ち主。日本も積極的に頑張っており、現在タイにタイする投資の65%が日本企業だとか。え? ダジャレがクドいってか(笑)。

小沢にとって祝・初タイランドとなった今回の取材。訪問先は、最近新興国での攻勢を強めている日産の現地法人、日産モータータイランドである。
小沢にとって祝・初タイランドとなった今回の取材。訪問先は、最近新興国での攻勢を強めている日産の現地法人、日産モータータイランドである。
どこまでも続くタイの渋滞。こういう光景を見ると、自動車の普及がかなり進んでいるように思えるのだが、2013年の普及率は人口1000人に対して208台と、自動車生産量がはるかに少ないマレーシア(397台)にも負けている。(出展:OICA 2013年)
どこまでも続くタイの渋滞。こういう光景を見ると、自動車の普及がかなり進んでいるように思えるのだが、2013年の普及率は人口1000人に対して208台と、自動車生産量がはるかに少ないマレーシア(397台)にも負けている。(出展:OICA 2013年)
街中を走る自動車の主役は、ズバリ日本車。こちらは「トヨタ・カムリ」のタクシー。
街中を走る自動車の主役は、ズバリ日本車。こちらは「トヨタ・カムリ」のタクシー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』