スバル・エクシーガ クロスオーバー7、発売

2015.04.16 自動車ニュース
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」

「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」発売

富士重工業は2015年4月16日、新型のクロスオーバー車「スバル・エクシーガ クロスオーバー7(セブン)」を発売した。

 
スバル・エクシーガ クロスオーバー7、発売の画像
 
スバル・エクシーガ クロスオーバー7、発売の画像
 
スバル・エクシーガ クロスオーバー7、発売の画像
 
スバル・エクシーガ クロスオーバー7、発売の画像

エクシーガ クロスオーバー7は、スバルの多人数乗用車「エクシーガ」をベースにファッション性や本格SUVの要素を加えたという、クロスオーバー車。これまでのエクシーガに代わる、新たな“7シーターSUV”である。

エクステリアは、前後バンパーやホイールアーチ、サイドシルのクラッディングが特徴で、大型フロントグリルやルーフレール、ブラック塗装+切削光輝の専用17インチアルミホイールなどで、SUVらしい力強さが表現される。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4780×1800×1670mm。最低地上高は、エクシーガよりも10mm高い170mmが確保されている。

一方インテリアは、タンのレザーやブルーグリーンのステッチを採用したシートとステアリングホイールを装備。ピアノブラックおよび金属調の加飾で、上質感も演出される。

エンジンは、2.5リッター水平対向4気筒のみの設定。スバル独自のCVT「リニアトロニック」を介して、4輪を駆動する。足まわりにはエクシーガ クロスオーバー7用に新開発されたサスペンションを採用。「車高の高さを感じさせない、優れた操縦安定性や質感高いしなやかな乗り心地を実現した」とうたわれる。

アイサイト(ver.2)、SRSサイドエアバッグ、サードシート対応SRSカーテンエアバッグなどの安全装備や、運転席&助手席8ウェイパワーシートやシートヒーターといった快適装備も標準で与えられる。
価格は、275万4000円。

エクシーガは日本とオーストラリアで販売されたが、エクシーガ クロスオーバー7は国内限定モデルとなる。

(webCG)

→「エクシーガ クロスオーバー7」のフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクシーガ クロスオーバー7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバル・フォレスターS-Limited/フォレスター2.0i-L EyeSight/フォレスター2.0XT EyeSight【試乗記】 2015.10.22 試乗記 スバルの屋台骨を支えるミドルサイズSUV「フォレスター」が、デビューから3年を経てマイナーチェンジを受けた。安全装備の強化や内外装の変更、シャシー性能の向上など、全方位的に改良されたという同車の実力を、テストコースで試す。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る