スバル・レヴォーグ、仕様変更で安全性能向上

2015.04.16 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ」
「スバル・レヴォーグ」

「スバル・レヴォーグ」仕様変更で安全性能向上

富士重工業は2015年4月16日、ワゴン「スバル・レヴォーグ」の一部仕様・装備を変更し、同年4月21日に発売すると発表した。


スバル・レヴォーグ、仕様変更で安全性能向上の画像
写真中央に見えるのが「ハイビームアシスト」用に追加された単眼カメラ。白いケースにおさまる2つのカメラは、アイサイトのステレオカメラである。
写真中央に見えるのが「ハイビームアシスト」用に追加された単眼カメラ。白いケースにおさまる2つのカメラは、アイサイトのステレオカメラである。
「サイドビューモニター」用のカメラは、助手席側のサイドミラー下端に装着される。ドライバーの死角となる、車両左前方の映像を提供する。
「サイドビューモニター」用のカメラは、助手席側のサイドミラー下端に装着される。ドライバーの死角となる、車両左前方の映像を提供する。

スバル・レヴォーグ、仕様変更で安全性能向上の画像

今回、レヴォーグに先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」がオプション設定された。これはスバルとして国内初採用となる装備で、以下4つの機能が含まれる。

・「スバルリヤビークルディテクション」:ドアミラーでは見えにくい、自車の斜め後方を並走する車両や後方から急接近する車両、後退時に左右から接近してくる車両の存在をドライバーに知らせる機能。
・「サイドビューモニター」:ドライバーの死角となる車両左前方の様子を、モニターに映しだす機能。
・「ハイビームアシスト」:ルームミラー一体型の単眼カメラで先行車や対向車を検知し、自車ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替える機能。
・「アイサイトアシストモニター」:アイサイトの作動状況をフロントウィンドウに表示し、少ない視線移動による状況把握を可能とする機能。

このほか、「1.6GT EyeSight」「2.0GT EyeSight」については、サスペンションに減衰力を見直したKYB製の新ダンパーを採用。後席周辺の制振材や吸音材も追加し、乗り心地と静粛性の向上が図られた。
1.6GT EyeSightではさらに、アイドリングストップ機構の制御を変更。JC08モードの燃費値が17.4km/リッターから17.6km/リッターへと向上した。

グレード体系も見直された。アイサイト非装着モデル「1.6GT」は、これまで需要が少なかったため、ラインナップから脱落。アイサイト標準装備車のみとしたうえで、電動チルト&スライド式のサンルーフが新たにオプション設定された。

ボディーカラーも変更されており、新たに「ピュアレッド」と「ラピスブルー・パール」が加えられた。

ラインナップと価格は以下の通り。
・1.6GT EyeSight:277万5600円
・1.6GT-S EyeSight:305万6400円
・2.0GT EyeSight:334万8000円
・2.0GT-S EyeSight:356万4000円

(webCG)

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る