スバル・レヴォーグ、仕様変更で安全性能向上

2015.04.16 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ」
「スバル・レヴォーグ」

「スバル・レヴォーグ」仕様変更で安全性能向上

富士重工業は2015年4月16日、ワゴン「スバル・レヴォーグ」の一部仕様・装備を変更し、同年4月21日に発売すると発表した。


スバル・レヴォーグ、仕様変更で安全性能向上の画像
写真中央に見えるのが「ハイビームアシスト」用に追加された単眼カメラ。白いケースにおさまる2つのカメラは、アイサイトのステレオカメラである。
写真中央に見えるのが「ハイビームアシスト」用に追加された単眼カメラ。白いケースにおさまる2つのカメラは、アイサイトのステレオカメラである。
「サイドビューモニター」用のカメラは、助手席側のサイドミラー下端に装着される。ドライバーの死角となる、車両左前方の映像を提供する。
「サイドビューモニター」用のカメラは、助手席側のサイドミラー下端に装着される。ドライバーの死角となる、車両左前方の映像を提供する。

スバル・レヴォーグ、仕様変更で安全性能向上の画像

今回、レヴォーグに先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」がオプション設定された。これはスバルとして国内初採用となる装備で、以下4つの機能が含まれる。

・「スバルリヤビークルディテクション」:ドアミラーでは見えにくい、自車の斜め後方を並走する車両や後方から急接近する車両、後退時に左右から接近してくる車両の存在をドライバーに知らせる機能。
・「サイドビューモニター」:ドライバーの死角となる車両左前方の様子を、モニターに映しだす機能。
・「ハイビームアシスト」:ルームミラー一体型の単眼カメラで先行車や対向車を検知し、自車ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替える機能。
・「アイサイトアシストモニター」:アイサイトの作動状況をフロントウィンドウに表示し、少ない視線移動による状況把握を可能とする機能。

このほか、「1.6GT EyeSight」「2.0GT EyeSight」については、サスペンションに減衰力を見直したKYB製の新ダンパーを採用。後席周辺の制振材や吸音材も追加し、乗り心地と静粛性の向上が図られた。
1.6GT EyeSightではさらに、アイドリングストップ機構の制御を変更。JC08モードの燃費値が17.4km/リッターから17.6km/リッターへと向上した。

グレード体系も見直された。アイサイト非装着モデル「1.6GT」は、これまで需要が少なかったため、ラインナップから脱落。アイサイト標準装備車のみとしたうえで、電動チルト&スライド式のサンルーフが新たにオプション設定された。

ボディーカラーも変更されており、新たに「ピュアレッド」と「ラピスブルー・パール」が加えられた。

ラインナップと価格は以下の通り。
・1.6GT EyeSight:277万5600円
・1.6GT-S EyeSight:305万6400円
・2.0GT EyeSight:334万8000円
・2.0GT-S EyeSight:356万4000円

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:TRD/STI編)【試乗記】 2017.10.2 試乗記 日本メーカー直系のスポーツブランドの実力やいかに? NISMOと無限のマシンを紹介した前編に続いては、TRDの手になる特別な「86」と「エスクァイア」、STIがチューンした「インプレッサ」「レヴォーグ」の走りをリポートする。
ホームへ戻る