第19回:ラインナップの拡充でブランドを強化
インポーターに聞きました~ジャガー編~

2015.04.18 特集

新型スポーツカー「Fタイプ」の投入や、プロテニスプレーヤー錦織 圭選手とのコラボなどで注目を集めているジャガー。久々のDセグメントセダン「XE」のデビューなど、2015年の気になる動向を聞いた。

2014年9月にジャガーのブランドアンバサダーに就任した、プロテニスプレーヤーの錦織 圭選手と「ジャガーFタイプ コンバーチブル」。
2014年9月にジャガーのブランドアンバサダーに就任した、プロテニスプレーヤーの錦織 圭選手と「ジャガーFタイプ コンバーチブル」。
Eセグメントセダンの「ジャガーXF」。2015年のニューヨークオートショーでは、新型が発表された。
Eセグメントセダンの「ジャガーXF」。2015年のニューヨークオートショーでは、新型が発表された。
2015年に日本導入予定の新型セダン「XE」。写真は先行販売される200台の限定モデル「ADVANTAGE EDITION(アドバンテージ エディション)」。 ADVANTAGE EDITION(アドバンテージ エディション)ADVANTAGE EDITION(アドバンテージ エディション)」
2015年に日本導入予定の新型セダン「XE」。写真は先行販売される200台の限定モデル「ADVANTAGE EDITION(アドバンテージ エディション)」。
2013年のフランクフルトショーで発表されたコンセプトモデル「C-X17」。「F-PACE」は同車のイメージを色濃く受け継いだものとなりそうだ。
2013年のフランクフルトショーで発表されたコンセプトモデル「C-X17」。「F-PACE」は同車のイメージを色濃く受け継いだものとなりそうだ。
ジャガー・ランドローバー・ジャパン マーケティング・広報部の若林敬市さん。
ジャガー・ランドローバー・ジャパン マーケティング・広報部の若林敬市さん。

今年の注目は何といっても「XE」!

――昨年(2014年1~12月)の日本市場における販売状況はいかがでしたか? またジャガーにとってどんな一年になりましたか?

ジャガーとしては約50年ぶりのピュアスポーツカーとなったFタイプに、コンバーチブルに続いてクーペを追加しました。また、ブランドアンバサダーにプロテニスプレーヤーの錦織 圭さんを起用したこともトピックだったと思います。おかげさまで販売台数も前年を上回り、好調を堅持できました。

――好調をけん引したのは、どのモデルだったのでしょうか?

「XF」が中心ですね。やはり流麗なスタイルからか、根強い人気があります。またコンバーチブルとクーペがそろったFタイプについても、パフォーマンスの高さとジャガーならではのデザインから、多くのスポーツカーファンの方に支持をいただいています。

――今年導入を予定している車種、注目の車種にはどのようなものがありますか?

新型スポーツサルーンのXEをラインナップに新たに追加します。発売は今年中ごろを予定しています。満を持して導入するXEではボディーの75%以上にアルミニウムを使用するなど、随所に最新技術を採用しております。ジャガー独自のデザインも合わせて、日本市場のミドルサイズセグメントにおける新たな選択肢となってくれるでしょう。

――全国の『webCG』読者に一言お願いします!

ジャガーのアンバサダーである錦織 圭選手の活躍とともに、今後も魅力的なモデルの開発、導入を加速させることで、ジャガーブランドの強化に努めていきます。既存のモデルであるXF、「XJ」、Fタイプに加え、今年導入予定のXE、そして量産化が決定したジャガー初のクロスオーバーSUV「F-PACE」などを通じて、皆さまにジャガーブランドの魅力を積極的に発信していきます。どうぞご期待下さい!

(インタビューとまとめ=webCG 堀田剛資/写真=峰 昌宏、webCG、ジャガー・ランドローバー・ジャパン)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2015」の過去記事リストへ