第20回:主役はずばりディスカバリー スポーツ!
インポーターに聞きました~ランドローバー編~

2015.04.18 特集

「レンジローバー イヴォーク」に「レンジローバー スポーツ」と、ここ最近はスポーティーなモデルが注目を集めているランドローバー。新型SUVの詳細など、2015年の気になるあれこれを聞いた。

2013年の東京モーターショーにおいて、日本で初公開された「レンジローバー スポーツ」。2013年11月30日に発売された。
2013年の東京モーターショーにおいて、日本で初公開された「レンジローバー スポーツ」。2013年11月30日に発売された。
相変わらずの人気を誇る「レンジローバー イヴォーク」。写真の5ドアに加え、3ドアの「クーペ」もラインナップされている。
相変わらずの人気を誇る「レンジローバー イヴォーク」。写真の5ドアに加え、3ドアの「クーペ」もラインナップされている。
新型車の「ディスカバリー スポーツ」。日本では2014年10月に予約受け付けが開始された。
新型車の「ディスカバリー スポーツ」。日本では2014年10月に予約受け付けが開始された。
フラッグシップモデルの「レンジローバー」については、新たに4人乗りの最上級グレードを追加。ジャガー・ランドローバー・ジャパンの若林さんいわく、「舗装の悪いアメリカでは、VIPを送迎するショーファーとして使われることも多いクルマなので」とのこと。
フラッグシップモデルの「レンジローバー」については、新たに4人乗りの最上級グレードを追加。ジャガー・ランドローバー・ジャパンの若林さんいわく、「舗装の悪いアメリカでは、VIPを送迎するショーファーとして使われることも多いクルマなので」とのこと。
今回お話をうかがったジャガー・ランドローバー・ジャパン マーケティング・広報部の若林敬市さん。ホワイトボードには、新モデル「レンジローバーオートバイオグラフィー ブラック ロングホイールベース」の特長を表現してもらいました。
今回お話をうかがったジャガー・ランドローバー・ジャパン マーケティング・広報部の若林敬市さん。ホワイトボードには、新モデル「レンジローバーオートバイオグラフィー ブラック ロングホイールベース」の特長を表現してもらいました。

若い人からも注目されるブランドに

――昨年(2014年1~12月)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

スタイリッシュなデザインで人気を博しているレンジローバー イヴォークが引き続き好調であったのに加え、新型レンジローバー スポーツの導入により、安定的な販売を維持することができました。

――好調をけん引したのは、どのモデルだったのでしょうか?

レンジローバー イヴォークは、個性的なスタイルが魅力で注目を集めているモデルなのですが、実際に街中で見かけることが多くなってきたことがさらなる販売につながるという好循環が生まれています。新型レンジローバー スポーツとともに、特に若いお客さまから好評を得ています。

――今年導入を予定している車種、注目の車種にはどのようなものがありますか?

新型プレミアムコンパクトSUV「ディスカバリー スポーツ」が今年前半にデリバリー開始となります。スタイリッシュな外観に、最高出力240psの直4直噴ターボエンジンと9段AT、プレミアムコンパクトSUVとしては初となる5+2人用にアレンジ可能なシートシステムと、数々の工夫や最新技術を盛りこんだモデルとなっています。もちろん、お客さまの期待を裏切らないオンロードでの俊敏性とオフロードでの走破性を備えておりますので、ぜひご期待ください。

――全国の『webCG』読者に一言お願いします!

今年導入予定のディスカバリー スポーツにおいては、多用途性と走破能力を体感いただけるようさまざまな取り組みを行っていきます。また、ラグジュアリーSUV「レンジローバー」のラインナップを刷新し、新たに4人乗りの最上級グレード「オートバイオグラフィー ブラック ロングホイールベース」を加えました。より実用性を求めるお客さまから、さらなる上質さや快適な空間を求めるお客さままで、幅広い方にご満足いただけるようになったと自負しております。今年もランドローバーにぜひご注目ください。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田剛資/写真=峰 昌宏、webCG、ジャガー・ランドローバー・ジャパン)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2015」の過去記事リストへ