ホンダ、N-WGNの燃費を29.4km/リッターに改善

2015.04.16 自動車ニュース
「ホンダN-WGN G・Lパッケージ」
「ホンダN-WGN G・Lパッケージ」 拡大

ホンダが「N-WGN」の燃費を29.4km/リッターに改善

本田技研工業は2015年4月16日、軽乗用車「N-WGN」と「N-WGNカスタム」に一部改良を実施し、同年4月17日に発売すると発表した。

「N-WGN G・Lパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。
「N-WGN G・Lパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「N-WGN G・Lパッケージ」のシート。
「N-WGN G・Lパッケージ」のシート。 拡大
「オートリトラミラー」
「オートリトラミラー」 拡大
新色「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」の「N-WGN Gスタイリッシュパッケージ」(奥)と、「プレミアムベルベットパープル・パール」の「N-WGNカスタムG・Lパッケージ」(手前)。
新色「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」の「N-WGN Gスタイリッシュパッケージ」(奥)と、「プレミアムベルベットパープル・パール」の「N-WGNカスタムG・Lパッケージ」(手前)。 拡大

今回の改良では、インジェクター噴霧の最適化やCVTサーモバルブの採用などにより、燃費性能をFFの自然吸気モデルで29.4km/リッター(JC08モード)に向上させた。

装備の強化も図っており、「シティブレーキアクティブシステム」と「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」「サイドカーテンエアバッグシステム」をセットにした「あんしんパッケージ」を全グレードにオプション設定。また、軽く触れると3回点滅する「ワンタッチウインカー」を標準で採用した。

このほかにも、標準車の「G」を除く全グレードにプラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナーを採用。「G」「カスタムG」を除く全グレードに、赤外線(IR)を抑え、紫外線(UV)を約99%カットする「IRカット<遮熱>/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス」と「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス)」、ドアロックに連動してドアミラーを自動で格納する「オートリトラミラー」、ワンセグTV対応マイクロアンテナやリアワイドカメラからなる「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を装備した。

ボディーカラーについては、新色の「プレミアムホワイト・パールII」「プレミアムピンク・パール」「プレミアムベルベットパープル・パール」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」「ミラノレッド」を含む、全11色の設定とした。

価格は標準車が116万4000円~147万円、カスタムが138万円~163万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
N-WGNN-WGNカスタムホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-VAN 2018.6.1 画像・写真 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型軽商用車「N-VAN」のイメージを公開した。3タイプのデザインと全10色のボディーカラーで構成されるエクステリアを、写真で紹介する。
  • 新型軽「ホンダN-VAN」は3タイプのデザインで登場 2018.6.1 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型車「N-VAN」の概要を公開した。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • 新世代の“働くクルマ”、「ホンダN-VAN」がデビュー 2018.7.12 自動車ニュース 本田技研工業は2018年7月12日、新型商用バン「N-VAN(エヌバン)」を発表した。同年7月13日に販売を開始する。同車はホンダの軽自動車「Nシリーズ」の5車種目となる新型車であり、シリーズ初の商用車である。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
ホームへ戻る