ポルシェ・パナメーラに装備充実の特別仕様車

2015.04.16 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ エディション」
「ポルシェ・パナメーラ エディション」

「ポルシェ・パナメーラ」に装備充実の特別仕様車が登場

ポルシェ ジャパンは2015年4月15日、4ドアモデル「パナメーラ」に特別仕様車「パナメーラ エディション」と「パナメーラ4 エディション」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、ベースグレードの「パナメーラ」および4WDグレードの「パナメーラ4」をベースに、より充実した装備を採用したものである。

エクステリアではサイドウィンドウに施されたハイグロスブラックのトリムストリップや、カラーのホイールハブカバーを装備したパナメーラターボIIデザインの19インチアルミホイールなどが特徴で、オプションでポルシェ・エントリー&ドライブシステムを選択した場合、ドアハンドルはボディー同色となる。

一方、インテリアでは、スポーツデザインステアリングホイールや「Edition」ロゴ入りのドアシルプレート、専用フロアマット、14個のスピーカーを搭載した585WのBoseサラウンドサウンドシステムを採用。シートはブラック/ルクソールベージュのツートンカラーで、すべてのヘッドレストにエンボス加工の「ポルシェクレスト」を施している。

このほかにも、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)付きバイキセノンヘッドライト、リバースカメラを含むフロント/リアのパーク・アシスト、パワーステアリング・プラスなど、通常はオプション扱いの機能や装備が標準で用意される。

価格はパナメーラ エディションが1037万円、パナメーラ4 エディションが1131万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その3) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ポルシェは「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、「911 GT3」の最新モデルなどを公開した。
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.27 試乗記 新型「ポルシェ・パナメーラ」に、プラグインハイブリッドモデルの「パナメーラ4 E-ハイブリッド」が追加された。2世代目となり、4WDの駆動システムを得た同モデルに南アフリカで試乗。電動化に見るポルシェのこだわりに触れた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
ホームへ戻る