ポルシェ・パナメーラに装備充実の特別仕様車

2015.04.16 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ エディション」
「ポルシェ・パナメーラ エディション」

「ポルシェ・パナメーラ」に装備充実の特別仕様車が登場

ポルシェ ジャパンは2015年4月15日、4ドアモデル「パナメーラ」に特別仕様車「パナメーラ エディション」と「パナメーラ4 エディション」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、ベースグレードの「パナメーラ」および4WDグレードの「パナメーラ4」をベースに、より充実した装備を採用したものである。

エクステリアではサイドウィンドウに施されたハイグロスブラックのトリムストリップや、カラーのホイールハブカバーを装備したパナメーラターボIIデザインの19インチアルミホイールなどが特徴で、オプションでポルシェ・エントリー&ドライブシステムを選択した場合、ドアハンドルはボディー同色となる。

一方、インテリアでは、スポーツデザインステアリングホイールや「Edition」ロゴ入りのドアシルプレート、専用フロアマット、14個のスピーカーを搭載した585WのBoseサラウンドサウンドシステムを採用。シートはブラック/ルクソールベージュのツートンカラーで、すべてのヘッドレストにエンボス加工の「ポルシェクレスト」を施している。

このほかにも、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)付きバイキセノンヘッドライト、リバースカメラを含むフロント/リアのパーク・アシスト、パワーステアリング・プラスなど、通常はオプション扱いの機能や装備が標準で用意される。

価格はパナメーラ エディションが1037万円、パナメーラ4 エディションが1131万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
ホームへ戻る