Ken Okuyama仕様のジュリエッタに新モデル登場

2015.04.16 自動車ニュース
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ Ken Okuyama Speciale Rossa version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサ バージョン スプリント)」
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ Ken Okuyama Speciale Rossa version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサ バージョン スプリント)」

Ken Okuyama仕様の「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に新グレード登場

FCAジャパンは2015年4月16日、「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に、工業デザイナーである奥山清行氏とのコラボレーションモデル「Ken Okuyama Speciale Rossa version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサ バージョン スプリント)」「Ken Okuyama Speciale Bianca version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ビアンカ バージョン スプリント)」を設定し、販売を開始した。

「ジュリエッタ Ken Okuyama Speciale Bianca version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ビアンカ バージョン スプリント)」
「ジュリエッタ Ken Okuyama Speciale Bianca version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ビアンカ バージョン スプリント)」

アルファ・ロメオでは2015年1月から、ジュリエッタの「スポルティーバ」をベースに専用アクセサリーキットを組み込んだ奥山氏とのコラボレーションモデルを販売している。今回追加されたモデルは、エントリーグレードの「スプリント」をベースに同様のアクセサリーキットを組み込んだものである。

アクセサリーキットの内容は以下の通り。
・KEN OKUYAMA DESIGNオリジナルホイール k.o.002
・ステンレス鏡面仕上げKen Okuyamaエンブレム
・ボディーストライプ
・ミラーカバー
・ホイールセンターキャップ
・18インチタイヤ

※ボディーストライプやホイールセンターキャップ、ミラーカバーについては、RossaとBiancaでデザインが異なる。

価格は374万7600円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • アルファ・ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.30 試乗記 スポーティーな装いが自慢の、「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」の新グレード「スポルティーバ」に試乗。ワインディングロードで、その走りっぷりを確かめた。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
ホームへ戻る