トヨタ・ミライ(FF)

昭和と地続きの未来 2015.04.20 試乗記 トヨタの量産型燃料電池車「ミライ」に、公道で試乗。走りに乗り心地、使い勝手、さらに燃料の補給まで、次世代型エコカーの“実際”をリポートする。

公道で100年先のクルマを体験する

世界初の量産型燃料電池車(FCV)ということで新聞やテレビで大きく取り上げられたトヨタ・ミライだが、街なかで実車を見ることはほとんどないだろう。2015年中に日本で納車されるのは約400台なのだ。予想を上回る受注があり、来年以降は増産に踏み切る予定になっている。ただ、「レクサスLFA」を作っていた工房で手作りに近い方式で製造しているため限界がある。

そういう事情もあって、通常は発売直後に行われる試乗会がこのタイミングになった。昨年10月にプロトタイプの試乗は経験していたが、公道で製品版に乗るのは初めてである。次世代車が日常の風景に溶け込むことができるかどうかを、ようやく試せるわけだ。カタログには「100年先を走るエコカー」と書かれていた。まさに未来のクルマを走らせることになる。

酸素の取り込みを表現したという両サイドの大きなグリルは、やはりインパクトがある。電気自動車(EV)の「テスラ・モデルS」がオーソドックスなスタイルを採用しているのに比べると、攻撃的な姿勢だ。それが未来のクルマの形かというと、何とも言えない。昔の映画で21世紀のクルマとして登場していたものがまったく見当外れだったことがよくあるように、デザインの動向は予測不可能だ。ミライは過渡期のモデルである。プラットフォームはハイブリッド車の「トヨタSAI」と一部を共用していて、FCV専用に最適化されたものではない。テクノロジーが進めば、FCVは想像もつかない形に変化することも考えられる。

内装は、モデルSのほうがミライより明らかに未来感が強い。センタークラスターに17インチのタッチスクリーンを収めるレイアウトが異物感をかもし出すのに対し、ミライのインパネは、どこかで見たような印象を受ける。ナビ画面やエネルギーモニターが「プリウス」と似ているため、驚きは少ない。しかし、素材や仕上げがワンランク上なのは確かだ。シートやドアトリムの純白はあまりにまぶしく、汚してしまいそうで触れるのがためらわれる。

トヨタの燃料電池車(FCV)「ミライ」。正式デビューは2014年11月で、同年12月から販売されている。
トヨタの燃料電池車(FCV)「ミライ」。正式デビューは2014年11月で、同年12月から販売されている。
バンパー両端の大きなグリルは、「FCVが酸素を吸い込む様子」をイメージしてデザインされたもの。実際のエアインテークは、その一番外側、LEDクリアランスランプのそばに設けられている。
バンパー両端の大きなグリルは、「FCVが酸素を吸い込む様子」をイメージしてデザインされたもの。実際のエアインテークは、その一番外側、LEDクリアランスランプのそばに設けられている。
室内の前面は、複数の曲線が行き交う左右非対称なデザイン。計器類は全て液晶タイプで、最上段のダッシュボードにはグラフィックメーターとマルチインフォメーションディスプレイが、中段にはカーナビの画面が、最下段のセンターコンソール部にはエアコン用画面がレイアウトされる。
室内の前面は、複数の曲線が行き交う左右非対称なデザイン。計器類は全て液晶タイプで、最上段のダッシュボードにはグラフィックメーターとマルチインフォメーションディスプレイが、中段にはカーナビの画面が、最下段のセンターコンソール部にはエアコン用画面がレイアウトされる。
4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイ。「FCシステムインジケーター」や「給電モニター」などの情報が表示される。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイ。「FCシステムインジケーター」や「給電モニター」などの情報が表示される。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
電動ランバーサポート付きの8ウェイパワーシート。表皮は合成皮革で、写真の「ウォームホワイト」(標準設定)のほか、オプションで「ブルーホワイト」「ブルーブラック」の2色も用意される。
電動ランバーサポート付きの8ウェイパワーシート。表皮は合成皮革で、写真の「ウォームホワイト」(標準設定)のほか、オプションで「ブルーホワイト」「ブルーブラック」の2色も用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミライの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る