日産エクストレイル20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)

ハイブリッドでも「タフギア」 2015.04.22 試乗記 「日産エクストレイル」に待望のハイブリッドモデルが登場。テストコースでの試乗を通してその実力に触れ、ライバルに対するアドバンテージを探った。

悪路走破性能にもメリットはある

タフギアへのこだわり。日産エクストレイルに追加されたハイブリッド仕様の特徴のひとつは、初代以来のコンセプトを守り抜いていることだ。市街地での燃費・環境性能を引き上げるハイブリッド車だからといって、街乗りメインにシフトしてはいない。
それを象徴するのが、日産が昔から使ってきたモーターアシスト方式の4WDではなく、プロペラシャフトを用いたメカニカル4WDとしていることだ。4WDシステムのチューニングもガソリン車と変わらないという。

駆動用リチウムイオンバッテリーが置かれているのは、ガソリンエンジンの3列車では3列目シートがあった位置。つまりエクストレイル ハイブリッドは2列シート5人乗りしかない。でもスペアタイヤは積んでいる。シートよりタイヤが大事。これもオフロード重視の表れだ。もっともこれまでの販売実績を見ると、3列車の販売比率は約25%と、こちらが考えるより少なかった。それなら2列車オンリーとしても問題ないかもしれない。

最低地上高は10mm減って195mmになったが、これは空力対策のカバーを装着したためで、バッテリーがかさばったせいではない。逆に荷室の床は少し高くなったけれど、手前にはちゃんと床下収納スペースが残されている。フロアがウォッシャブルボードではなく一般的なカーペット張りになったのは、ユーザーが荷室を水洗いし、感電してしまうのを防ぐためだ。

でもハイブリッド車はオフロードでもメリットを生むのだろうか。開発を担当したエンジニアに聞いたら、こんな答えが返ってきた。

「最初のひと転がしが違います」

言葉の使い方からして土の匂いがする。要はモーターの特徴である超低回転大トルクが、滑りやすい路面での発進を楽にしてくれるというわけだ。でも試乗の舞台となった日産のテストコースは残念ながら舗装路のみ。ひとまずはこのステージでどんなメリットを発揮してくれるのか、チェックしてみた。

「エクストレイル ハイブリッド」のインストゥルメントパネルまわり。内装については、基本的にガソリン車から大きな変更はない。
「エクストレイル ハイブリッド」のインストゥルメントパネルまわり。内装については、基本的にガソリン車から大きな変更はない。
シートの仕様はガソリン車と共通。表皮は防水クロスが標準で、オプションでスエード調トリコットも選べる。
シートの仕様はガソリン車と共通。表皮は防水クロスが標準で、オプションでスエード調トリコットも選べる。
ハイブリッド車に設定されるのは2列5人乗り仕様のみで、3列7人乗り仕様は用意されていない。
ハイブリッド車に設定されるのは2列5人乗り仕様のみで、3列7人乗り仕様は用意されていない。
ラゲッジルームの容量は、ガソリン車の2列5人乗り仕様が550リッターなのに対し、ハイブリッド車は430リッターとなっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
ラゲッジルームの容量は、ガソリン車の2列5人乗り仕様が550リッターなのに対し、ハイブリッド車は430リッターとなっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
ハイブリッドシステムの採用に合わせ、「アクティブライドコントロール」や「アクティブエンジンブレーキ」「コーナリングスタビリティアシスト」などの姿勢制御システムも、最適化が図られている。
ハイブリッドシステムの採用に合わせ、「アクティブライドコントロール」や「アクティブエンジンブレーキ」「コーナリングスタビリティアシスト」などの姿勢制御システムも、最適化が図られている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る