ランドローバー・ディスカバリー スポーツSE(4WD/9AT)

どんどん垢抜けていく 2015.04.23 試乗記 車名は「ディスカバリー」で、プラットフォームは「イヴォーク」と共通、そしてボディーサイズは「フリーランダー2」に近い。しかして、その実体は? ランドローバーの新しいSUV「ディスカバリー スポーツ」、そのベーシックグレード「SE」に試乗した。

ディスカバリーの弟分? フリーランダー2の後継?

ランドローバーにまたカッコいい新顔が加わった。ディスカバリー スポーツである。ただし、そのネーミングとポジショニングがちょっと紛らわしいのでまずは簡単に解説する。
もともとディスカバリーは、今から25年前に「ディフェンダー」と「レンジローバー」の2車種しかなかったランドローバーのラインナップに加えられた第3のモデル。レンジローバーほど豪華ではないが、ディフェンダー(この名前もディスカバリーが登場したことによって区別するために生まれた)ほど硬派のプロユースモデルではないという位置づけで、ランドローバーの顧客層を広げることに貢献した立役者である。
一時は300万円を切る価格で日本の輸入車業界を驚かせたこともあったし、ホンダが「クロスロード」という名前で国内販売していたこともあった。モデルチェンジするたびに洗練されて豪華になってきたが、それでもレンジローバーに比べればずっと廉価でボディーサイズも小さいおかげで、“ディスコ”というあだ名で呼ぶクロスカントリー愛好家の間では根強い人気を誇っている。

現行モデルは3世代目のディスカバリー3のマイナーチェンジ版(ディスカバリー4と呼ぶこともある)で、日本仕様は3リッターV6スーパーチャージャーと8ATを搭載、本格的なオフロード走行性能はもちろん、「これならレンジじゃなくても」と思わせる快適なオンロード性能を併せ持つ本格派のSUVである。

そんなディスカバリーに“スポーツ”と付けば当然その弟分と思いがちだが、実際には「レンジローバー イヴォーク」との共通点が多く、またランドローバーで最もコンパクトなエントリーモデルである現行「フリーランダー2」が間もなく生産終了することが発表されていることもあり、メーカー側はそうは認めていないものの、事実上フリーランダー2の後継モデルと目されている。

「ディスカバリー スポーツ」は新しいディスカバリーファミリーの先陣を切るモデル。2014年10月にパリモーターショーで世界初公開された。
「ディスカバリー スポーツ」は新しいディスカバリーファミリーの先陣を切るモデル。2014年10月にパリモーターショーで世界初公開された。
アルファベットの「T」を思わせる造形のダッシュボードは機能的なだけでなく、質感にも気を配られている(写真は「SE」グレード)。
アルファベットの「T」を思わせる造形のダッシュボードは機能的なだけでなく、質感にも気を配られている(写真は「SE」グレード)。
エンジンは2リッター直4ターボ(240ps、34.7kgm)のみ、トランスミッションはZFの9段AT(9HP48型)のみと、「イヴォーク」と同じ構成。欧州では2.2リッター直4ディーゼル2種(190ps版と150ps版)も用意される。
エンジンは2リッター直4ターボ(240ps、34.7kgm)のみ、トランスミッションはZFの9段AT(9HP48型)のみと、「イヴォーク」と同じ構成。欧州では2.2リッター直4ディーゼル2種(190ps版と150ps版)も用意される。
プラットフォームの基本部分は「イヴォーク」と共用。しかしリアサスペンションはストラットではなくマルチリンクとなる。
プラットフォームの基本部分は「イヴォーク」と共用。しかしリアサスペンションはストラットではなくマルチリンクとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ディスカバリー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る