第292回:ポルシェの今とこれから ~ラインナップ急拡大の真相に迫る

2015.04.20 エッセイ

「911」をはじめとするスポーツカーを手がけるメーカーとして知られるポルシェ。一方で、SUVや4ドアサルーンなどのニューモデルを次々と送り出し、各モデルのバリエーションの拡大にも余念がない。ドイツの老舗ブランドの狙いはどこにあるのか? そしてこの先、どんな展開が待っているのか? モータージャーナリスト、河村康彦がリポートする。

ポルシェのブランドイメージをけん引する「911」シリーズ。サーキットを意識した超高性能モデルからオープンカーまで、バリエーション豊かに取りそろえられる。
ポルシェのブランドイメージをけん引する「911」シリーズ。サーキットを意識した超高性能モデルからオープンカーまで、バリエーション豊かに取りそろえられる。

ポルシェ ジャパン オフィシャルサイト(2015年4月20日現在)で見られるラインナップ表。「911」シリーズだけで、その数は21車種にのぼる。


    ポルシェ ジャパン オフィシャルサイト(2015年4月20日現在)で見られるラインナップ表。「911」シリーズだけで、その数は21車種にのぼる。
国内でも好調なセールスが伝えられる、ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。写真は2013年11月、ロサンゼルスオートショーでデビューした際のもの。かたわらの女性は、テニスプレーヤーのマリア・シャラポワ。
国内でも好調なセールスが伝えられる、ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。写真は2013年11月、ロサンゼルスオートショーでデビューした際のもの。かたわらの女性は、テニスプレーヤーのマリア・シャラポワ。
MRのスポーツクーペ「ケイマン」(写真左)と、走行性能を先鋭化させた「911 GT3」。
MRのスポーツクーペ「ケイマン」(写真左)と、走行性能を先鋭化させた「911 GT3」。

たじろぐほどの新車攻勢

発売後、ほんの1年の間でも新たなニュースが途切れれば、たちまち話題性を失い魅力も低下してしまう、やっかいな存在――それがスポーツカーだ。
そんな性質を理解しているからこそ、ポルシェもフェラーリも決して大規模なメーカーではないのに、メジャーなモーターショーでは必ず新たなモデルを発表し続けてきた。

スポーツカーを実際に購入する人など、世の中でほんのひと握り。そんな人々の手元に行き渡った段階から、さらに需要の掘り起こしを継続させるためには――彼ら既納客を再びターゲットとしながら、買い換えの動機を昂(たかぶ)らせる新たな仕掛けを組み込んだニューモデルを提案する以外に、なかなか手だてはない。それが“スポーツカーの商売”なのだ。

……と、そんな理屈は分かった上でも、ポルシェのこのところのニューモデル攻勢には、ちょっとたじろぐほどだ。

ブランドの“魂”である911のバリエーション拡大に加え、「GTS」だ、「GT4」だ、「スパイダー」だと、このところ喧(かまびす)しいのがミドシップレンジにおける展開である。さらに、「カイエン」に「パナメーラ」、そして、最も若いモデルである「マカン」のバリエーション拡充も上乗せされるから、結果として、「年がら年中、ニューモデルが発表・発売されている」というイメージが強く印象付けられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る