第4戦バーレーンGP決勝結果【F1 2015 速報】

2015.04.20 自動車ニュース

【F1 2015 速報】第4戦バーレーンGP、ハミルトン2連勝で今季3勝目

F1世界選手権第4戦バーレーンGP決勝が、2015年4月19日、バーレーン・インターナショナル・サーキット(5.412km)を57周して行われた。

週末を通じ常勝軍団メルセデスに挑戦者フェラーリが肉薄したが、レースが始まれば王者の貫禄勝ちとなった。メルセデス駆るルイス・ハミルトンがポールポジションから2連勝。今シーズン3勝目、自身通算36勝目をあげた。

レース終盤にかけては2位争いが激化した。前を走るミディアムタイヤ装着のメルセデス、ニコ・ロズベルグに対し、ソフトを履きハイペースで追い上げるフェラーリのキミ・ライコネン。この勝負は残り2周でライコネンに軍配が上がり、ロズベルグは3位に終わった。ライコネンにとっては、フェラーリ復帰後2年目にして初の表彰台となった。

ウィリアムズ・メルセデスのバルテリ・ボッタスが予選5位から4位でゴール。フェラーリのセバスチャン・ベッテルは2番グリッドから2位を走るも、ロズベルグとの争いで痛恨のコースオフ、結局5位でフィニッシュした。
レッドブル・ルノーのダニエル・リカルドは、チェッカードフラッグ目前で派手にエンジンをブローさせたものの6位入賞。ロータス・メルセデスのロメ・グロジャンは2戦連続の7位、フォースインディア・メルセデスのセルジオ・ペレスが8位、レッドブルのダニール・クビアトは17番グリッドから9位、ピットレーンスタートとなったウィリアムズ・メルセデスのフェリッペ・マッサは10位でゴールした。

以下、11位フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、12位フェリッペ・ナッサー(ザウバー・フェラーリ)、13位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア・メルセデス)、14位マーカス・エリクソン(ザウバー)、15位パストール・マルドナド(ロータス)、16位ウィル・スティーブンス(マノー・マルシャ・フェラーリ)、17位ロベルト・メリ(マノー・マルシャ)が完走した。

4戦3勝でチャンピオンシップ首位をひた走るハミルトンは93点。全戦表彰台ながら未勝利のロズベルグが66点で2位に上がり、その1点差でベッテルが3位につける。ライコネンは42点で5位から4位に上昇、マッサは31点で5位だ。
コンストラクターズタイトル争いでは、1位メルセデスが159点で2位フェラーリに52点差をつけている。3位ウィリアムズは61点、4位レッドブル23点、5位ザウバー19点というトップ5である。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。