シボレー・コルベット クーペZ51(FR/8AT)

気分はアメリカンヒーロー 2015.04.24 試乗記 「シボレー・コルベット」のトランスミッションが8段ATに進化。多段化の恩恵と、アメリカが誇るスーパースポーツカーの走りを確かめた。

まるで映画のオープニング

2013年末に上陸した7代目コルベットが、発売1年目にして実質的な改良を受けた。オートマチックギアボックスが6段から8段に進化したのだ。おかげで、スポーツカー濃度がグワッとアップした。と、8段AT搭載の「Z51」に乗って思った。

白昼、GMジャパンの近くの路上に駐車しているZ51は、そこだけ異空間にするオーラを放っていた。まるでSF映画に出てくるスペースファイターである。グリルが初代に似せてあるところに、1953年に誕生したコルベットの歴史というものへのデザイナーの敬意が感じられる。日本ではスズキが軽自動車の名称で使っているため不可だけれど、「スティングレイ」のサブネームも本国では復活している。

ブラック塗装がカッチョいい。こんなの運転できるのかしら、というスーパーカー特有の雰囲気もある。インテリアもまたイカしている。Z51に標準のコンペティションバケットシートがこれまたカッコいい。

着座してスターターボタンを押すと、フロントノーズに隠された6.2リッターV8 OHVがブオンッと吠(ほ)える。眼前の8インチスクリーンに「CORVETTE」の文字が浮かんで消える。センターコンソールのスクリーンは伝統のチェッカードフラッグ・マークを映し出す。まるで映画のオープニングだ。気分はもうヒーロー。主人公は俺だ。

高性能グレードの「Z51」では、インテリアの各所にレザーやスエード調素材、カーボン調の加飾パネルなどが用いられている。
高性能グレードの「Z51」では、インテリアの各所にレザーやスエード調素材、カーボン調の加飾パネルなどが用いられている。
スエード調表皮を用いた「Z51」用のバケットシート。ヒーターやベンチレーション機能が備わっている。
スエード調表皮を用いた「Z51」用のバケットシート。ヒーターやベンチレーション機能が備わっている。
フロントフェンダーのエアベントのそばに貼られた「スティングレイ」(アカエイ)のバッジ。
フロントフェンダーのエアベントのそばに貼られた「スティングレイ」(アカエイ)のバッジ。
今回の改良では、ATが8段(8L90型)に変更された。
今回の改良では、ATが8段(8L90型)に変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る