マクラーレンが新型スポーツカー540Cを発表【上海ショー2015】

2015.04.22 自動車ニュース
「マクラーレン540Cクーペ」
「マクラーレン540Cクーペ」

【上海ショー2015】マクラーレンが新型スポーツカー「540C」を発表

英マクラーレン・オートモーティブは2015年4月20日、上海モーターショーで新型スポーツカー「540Cクーペ」を発表した。

「540Cクーペ」のリアビュー。
「540Cクーペ」のリアビュー。
他のモデルと同様に跳ね上げ式の「ディヘドラルドア」を採用している。
他のモデルと同様に跳ね上げ式の「ディヘドラルドア」を採用している。
インテリアは「日常性能」を考慮してデザインされている。
インテリアは「日常性能」を考慮してデザインされている。

■“一番お求めやすいマクラーレン”という位置付け

今回発表された540Cクーペは、先日発表された「570Sクーペ」と同様に、カーボン製の「モノセルII」シャシーを使用している。このシャシーは乗降性を含めた日常の使い勝手に重点を置いてデザインされているのが特徴。ボディーの軽量化にも貢献しており、車重は1311kg(乾燥重量)に抑えられている。

エンジンは540psと55.1kgmを生み出す3.8リッターV8ツインターボ。動力性能は0-100km/h加速が3.5秒、最高速は320km/hと発表されている。

540Cクーペは、マクラーレンの新しいモデル戦略上ではベーシックな「スポーツシリーズ」に属し(その上位に「スーパーシリーズ」と「アルティメットシリーズ」がある)、同シリーズとしては570Sクーペに続く第2弾となる。日本での価格(予価)は2188万円。2016年の初頭に納車が始まる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
540Cマクラーレン上海モーターショー2015自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る