マクラーレンが新型スポーツカー540Cを発表【上海ショー2015】

2015.04.22 自動車ニュース
「マクラーレン540Cクーペ」
「マクラーレン540Cクーペ」

【上海ショー2015】マクラーレンが新型スポーツカー「540C」を発表

英マクラーレン・オートモーティブは2015年4月20日、上海モーターショーで新型スポーツカー「540Cクーペ」を発表した。

「540Cクーペ」のリアビュー。
「540Cクーペ」のリアビュー。
他のモデルと同様に跳ね上げ式の「ディヘドラルドア」を採用している。
他のモデルと同様に跳ね上げ式の「ディヘドラルドア」を採用している。
インテリアは「日常性能」を考慮してデザインされている。
インテリアは「日常性能」を考慮してデザインされている。

■“一番お求めやすいマクラーレン”という位置付け

今回発表された540Cクーペは、先日発表された「570Sクーペ」と同様に、カーボン製の「モノセルII」シャシーを使用している。このシャシーは乗降性を含めた日常の使い勝手に重点を置いてデザインされているのが特徴。ボディーの軽量化にも貢献しており、車重は1311kg(乾燥重量)に抑えられている。

エンジンは540psと55.1kgmを生み出す3.8リッターV8ツインターボ。動力性能は0-100km/h加速が3.5秒、最高速は320km/hと発表されている。

540Cクーペは、マクラーレンの新しいモデル戦略上ではベーシックな「スポーツシリーズ」に属し(その上位に「スーパーシリーズ」と「アルティメットシリーズ」がある)、同シリーズとしては570Sクーペに続く第2弾となる。日本での価格(予価)は2188万円。2016年の初頭に納車が始まる見込み。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る