VW、装備充実のラウンジシリーズ発売

2015.04.23 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ ラウンジ」。「ラウンジ」シリーズは、本国ドイツのフォルクスワーゲンが企画した特別仕様車だ。
「フォルクスワーゲン・ポロ ラウンジ」。「ラウンジ」シリーズは、本国ドイツのフォルクスワーゲンが企画した特別仕様車だ。

フォルクスワーゲン、装備充実の「ラウンジ」シリーズ発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年4月23日、「ポロ」「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ティグアン」の4モデルに特別仕様車「Lounge(ラウンジ)」シリーズを設定し、販売を開始した。

10スポークの“Lounge”専用デザインアルミホイール。サイズはモデルごとに異なる。
10スポークの“Lounge”専用デザインアルミホイール。サイズはモデルごとに異なる。

ラウンジと名付けられた今回の特別仕様車は、「プライベートラウンジのように落ち着いた上質な空間と洗練された都会的な装い」をテーマに、専用のドレスアップアイテムや快適装備が与えられたモデル。

4モデル共通となる“Lounge”専用デザインアルミホイール、“Lounge”ロゴ入りエンブレム(フロントフェンダー左右)、“Lounge”専用デザインファブリックシート、専用ドアシルプレートのほか、モデルごとに異なる特別装備も用意される。

各車の価格と限定台数、特別装備は以下の通り。

「ポロ ラウンジ」の“Lounge”専用デザインファブリックシート。
「ポロ ラウンジ」の“Lounge”専用デザインファブリックシート。

■ポロ ラウンジ:239万9000円
(ベースモデル:ポロTSIコンフォートライン)

ボディーカラーと限定台数(計1000台)
・クリプトングレーメタリック:500 台
・ピュアホワイト:250台
・サンセットレッドメタリック:250台

個別の特別装備
・LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)
・フルオートエアコンディショナー
・フットウェルランプ (前席)
 

「ゴルフ ラウンジ」
「ゴルフ ラウンジ」
 
VW、装備充実のラウンジシリーズ発売の画像

■ゴルフ ラウンジ:309万円
(ベースモデル:ゴルフTSIコンフォートライン)

ボディーカラーと限定台数(計1500台)
・クリプトングレーメタリック:400台
・タングステンシルバーメタリック:400台
・オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト:400台
・ナイトブルーメタリック:200台
・サンセットレッドメタリック:100台

個別の特別装備:
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能付き)
・ダークティンテッドガラス(リア/リア左右、UVカット機能付き)
・フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」
・インテリアアンビエントライト+フットウェルランプ (前席)

「ゴルフヴァリアント ラウンジ」
「ゴルフヴァリアント ラウンジ」
「ラウンジ」シリーズ専用のドアシルプレート
「ラウンジ」シリーズ専用のドアシルプレート

■ゴルフヴァリアント ラウンジ:319万円
(ベースモデル:ゴルフヴァリアントTSI コンフォートライン)

ボディーカラーと限定台数(計800台)
・クリプトングレーメタリック:350台
・オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト:350台
・サンセットレッドメタリック:100台

個別の特別装備:
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能付き)
・レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き)
・リアビューカメラ「Rear Assist」
・アダプティブクルーズコントロール「ACC」(全車速追従機能付き)
・インテリアアンビエントライト+フットウェルランプ (前席)

「ティグアン ラウンジ」
「ティグアン ラウンジ」
「ティグアン ラウンジ」に与えられる特別装備の一つ、バイキセノンヘッドライト。
「ティグアン ラウンジ」に与えられる特別装備の一つ、バイキセノンヘッドライト。

■ティグアン ラウンジ:386万8800円
(ベースモデル:ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー)

ボディーカラーと限定台数(計300台)
・ピュアホワイト:120台
・ディープブラックパールエフェクト:120台
・リフレックスシルバーメタリック:30台
・ナイトブルーメタリック:30台

個別の特別装備:
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)
・スタティック&ダイナミックコーナリングライト
・クロムドアミラー

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6MT)【試乗記】 2015.10.1 試乗記 280psの高出力エンジンに4WDの駆動方式を組み合わせた「フォルクスワーゲン・ゴルフR」に、6段マニュアルトランスミッション仕様が登場。VWが誇る全天候型ハイパフォーマンスモデルにあえての“人力変速”で乗ることでリポーターが実感したこととは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る