「水野和敏的視点」 vol.97 台湾取材/水野氏と台湾のジャーナリストとの対話

2015.04.24 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.97 台湾取材/水野氏と台湾のジャーナリストとの対話

自ら開発した「ラクスジェンU6ターボ エコハイパー」の発表会でスピーチを行った水野和敏氏。発表会の終了後には、記者たちによる囲み取材ならぬ“質疑応答の集い”が設けられた。
R35型「日産GT-R」の生みの親本音である水野和敏氏が、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は、開発にかけた思いを語る水野氏と、自国ブランドの躍進を期待するジャーナリストたちとの会合の内容をお届けする。


「水野和敏的視点」 vol.97 台湾取材/水野氏と台湾のジャーナリストとの対話の画像

「水野和敏的視点」 vol.97 台湾取材/水野氏と台湾のジャーナリストとの対話の画像

「水野和敏的視点」 vol.97 台湾取材/水野氏と台湾のジャーナリストとの対話の画像
「ラクスジェンU6ターボ エコハイパー」
「ラクスジェンU6ターボ エコハイパー」

■開発体制を「組織」から「チーム」に変えた

――水野さんの自動車開発に対するポリシーとは何でしょうか。

僕は華創車電(ハイテック)の副社長として、ラクスジェンブランドの車両開発全般を担当しています。ですから、ラクスジェン車の不具合の対策も、イヤーモデルの開発も、マイナーチェンジも、新しいプラットフォームの開発も、今すべて同時に行っています。
クルマの開発を通して大事にしているのは、主人公はクルマではなく、あくまでクルマを所有するオーナーであり、クルマを運転するドライバーであるということです。あくまで人を中心に置き、そこにクルマの全ての性能やデザインを調和させる。僕はクルマを作っているのではありません。人の感動を作っているのです。
かつて「日産GT-R」を開発した時は、「いつでも」「どこでも」「誰でも」楽しめるスーパーカーを目指しました。ラクスジェンを作る時も、その目標は変わりません。ラクスジェンには、ワンボックス、SUV、セダンといろいろなクルマがあります。それらすべてのカテゴリーで人が感動する商品を作る。性能はそのための手段にすぎない。これが僕のポリシーです。

――ラクスジェン車に対する第一印象はどのようなものでしたか。

最初に、クルマに搭載されたITの技術は世界一だと感じました。世界的に見ても、IT関連の装備がこんなに進んだクルマはありません。そして実際にクルマに乗った時には、平均的な日本車のようだと感じました。

――ラクスジェン車の開発をする時、どのような場面で困難や挑戦といったものを感じますか。

困難を感じることはありません。だって、GT-Rにしてもわずか3年で世界一のスーパーカーにしたのですよ! 今、ハイテックで仕事していて、チャレンジングというよりは楽しんでいます。なぜなら、みんな若いから。知ったかぶっていないし、みんながチャレンジャーだから、一緒に仕事をしていて楽しいですね。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめと写真=webCG 竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。