「水野和敏的視点」 vol.97 台湾取材/水野氏と台湾のジャーナリストとの対話

2015.04.24 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.97 台湾取材/水野氏と台湾のジャーナリストとの対話

自ら開発した「ラクスジェンU6ターボ エコハイパー」の発表会でスピーチを行った水野和敏氏。発表会の終了後には、記者たちによる囲み取材ならぬ“質疑応答の集い”が設けられた。
R35型「日産GT-R」の生みの親本音である水野和敏氏が、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は、開発にかけた思いを語る水野氏と、自国ブランドの躍進を期待するジャーナリストたちとの会合の内容をお届けする。


「水野和敏的視点」 vol.97 台湾取材/水野氏と台湾のジャーナリストとの対話の画像 拡大

「水野和敏的視点」 vol.97 台湾取材/水野氏と台湾のジャーナリストとの対話の画像 拡大

「水野和敏的視点」 vol.97 台湾取材/水野氏と台湾のジャーナリストとの対話の画像 拡大
「ラクスジェンU6ターボ エコハイパー」
「ラクスジェンU6ターボ エコハイパー」 拡大

■開発体制を「組織」から「チーム」に変えた

――水野さんの自動車開発に対するポリシーとは何でしょうか。

僕は華創車電(ハイテック)の副社長として、ラクスジェンブランドの車両開発全般を担当しています。ですから、ラクスジェン車の不具合の対策も、イヤーモデルの開発も、マイナーチェンジも、新しいプラットフォームの開発も、今すべて同時に行っています。
クルマの開発を通して大事にしているのは、主人公はクルマではなく、あくまでクルマを所有するオーナーであり、クルマを運転するドライバーであるということです。あくまで人を中心に置き、そこにクルマの全ての性能やデザインを調和させる。僕はクルマを作っているのではありません。人の感動を作っているのです。
かつて「日産GT-R」を開発した時は、「いつでも」「どこでも」「誰でも」楽しめるスーパーカーを目指しました。ラクスジェンを作る時も、その目標は変わりません。ラクスジェンには、ワンボックス、SUV、セダンといろいろなクルマがあります。それらすべてのカテゴリーで人が感動する商品を作る。性能はそのための手段にすぎない。これが僕のポリシーです。

――ラクスジェン車に対する第一印象はどのようなものでしたか。

最初に、クルマに搭載されたITの技術は世界一だと感じました。世界的に見ても、IT関連の装備がこんなに進んだクルマはありません。そして実際にクルマに乗った時には、平均的な日本車のようだと感じました。

――ラクスジェン車の開発をする時、どのような場面で困難や挑戦といったものを感じますか。

困難を感じることはありません。だって、GT-Rにしてもわずか3年で世界一のスーパーカーにしたのですよ! 今、ハイテックで仕事していて、チャレンジングというよりは楽しんでいます。なぜなら、みんな若いから。知ったかぶっていないし、みんながチャレンジャーだから、一緒に仕事をしていて楽しいですね。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめと写真=webCG 竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
ラクスジェンU6

あなたにおすすめの記事
新着記事