BMWアルピナXD3ビターボ(4WD/8AT)

クラシックホテルに行きたくなる 2015.05.01 試乗記 アルピナ初のSUV「XD3ビターボ」に試乗。700Nmを誇るツインターボディーゼルユニットはスポーツカーを蹴散らすほどに強力で、しかもスムーズだ。アルピナと聞いて期待する感触は、このスーパーSUVにもしっかり継承されていた。

創立50年目のSUV

最新作がいわゆるSUVと聞いても、近ごろでは正直、ああまたか、とちょっと食傷気味になるぐらいだが、それを作ったのがアルピナとなればがぜん興味がわく。ご存じアルピナは、特別なBMWを造り続けて半世紀の節目を迎えたスペシャリストメーカー、その代名詞は高性能ながら控えめで端正なスーパーリムジンである。完璧主義で知られるアルピナがSUVに手を染めたのも意外だが、ダイナミックな性能ではそもそも不利なSUVをどのように仕上げたのかが気になるところ。アルピナにとって初のSUVとなるXD3ビターボは、「BMW X3」をベースにしながら独自のツインターボディーゼルエンジンを搭載し、世界最速のディーゼルSUVを標榜(ひょうぼう)している。日本市場向けには180台の限定だという。

思い起こせばもう30年ほど前、『カーグラフィック』誌の先輩のお手伝いで出掛けた箱根山中でちょっとだけ運転させてもらったのが私のアルピナ初体験だった。当時の「B7」だったか「B10」か定かではないが、とにかく際限なく湧き出す分厚い滑らかなパワーにただただ圧倒されたことを覚えている。その頃に比べれば多少身近になったのかもしれないが、アルピナは今も年間生産1500台程度のごく小規模でスペシャルなメーカーながら、その彼らもついにディーゼルSUVを発売する時代になったのだ。

車の形はどうあれ、ドライバーズシートに座って青と緑のステッチが入った上等なレザーステアリングを握れば、なじみのホテルに着いたような安心感というか、ああこれこれという懐かしさのようなものがこみあげてくる。指に吸い付くしっとり滑らかな革(ラヴァリナレザーというらしい)の感触はそれだけでうっとりする。どんなにプレミアムと言い張っても、ラフな仕上げのステアリングホイールを握った途端に気持ちがシュンと萎(しぼ)んでしまうような車も多いが、アルピナはステアリングホイールの感触にその丹精が表れている。

ワールドプレミアは2013年3月のジュネーブショー。日本では2014年11月に180台の限定というかたちで発表された。
ワールドプレミアは2013年3月のジュネーブショー。日本では2014年11月に180台の限定というかたちで発表された。
インテリアではネバダレザーのシートが標準。独特の感触を持つラヴァリナレザーを用いたステアリングももちろん標準装備。
インテリアではネバダレザーのシートが標準。独特の感触を持つラヴァリナレザーを用いたステアリングももちろん標準装備。
アルピナのプロダクションプレートがセンターパネルに装着される。試乗車のシリアルナンバーは「411」。
アルピナのプロダクションプレートがセンターパネルに装着される。試乗車のシリアルナンバーは「411」。
試乗車のボディーカラーはアルピンホワイト。「デコセット」と呼ばれるボディーサイドのデコレーションラインはゴールド。
試乗車のボディーカラーはアルピンホワイト。「デコセット」と呼ばれるボディーサイドのデコレーションラインはゴールド。
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る