BMWアルピナXD3ビターボ(4WD/8AT)

クラシックホテルに行きたくなる 2015.05.01 試乗記 アルピナ初のSUV「XD3ビターボ」に試乗。700Nmを誇るツインターボディーゼルユニットはスポーツカーを蹴散らすほどに強力で、しかもスムーズだ。アルピナと聞いて期待する感触は、このスーパーSUVにもしっかり継承されていた。

創立50年目のSUV

最新作がいわゆるSUVと聞いても、近ごろでは正直、ああまたか、とちょっと食傷気味になるぐらいだが、それを作ったのがアルピナとなればがぜん興味がわく。ご存じアルピナは、特別なBMWを造り続けて半世紀の節目を迎えたスペシャリストメーカー、その代名詞は高性能ながら控えめで端正なスーパーリムジンである。完璧主義で知られるアルピナがSUVに手を染めたのも意外だが、ダイナミックな性能ではそもそも不利なSUVをどのように仕上げたのかが気になるところ。アルピナにとって初のSUVとなるXD3ビターボは、「BMW X3」をベースにしながら独自のツインターボディーゼルエンジンを搭載し、世界最速のディーゼルSUVを標榜(ひょうぼう)している。日本市場向けには180台の限定だという。

思い起こせばもう30年ほど前、『カーグラフィック』誌の先輩のお手伝いで出掛けた箱根山中でちょっとだけ運転させてもらったのが私のアルピナ初体験だった。当時の「B7」だったか「B10」か定かではないが、とにかく際限なく湧き出す分厚い滑らかなパワーにただただ圧倒されたことを覚えている。その頃に比べれば多少身近になったのかもしれないが、アルピナは今も年間生産1500台程度のごく小規模でスペシャルなメーカーながら、その彼らもついにディーゼルSUVを発売する時代になったのだ。

車の形はどうあれ、ドライバーズシートに座って青と緑のステッチが入った上等なレザーステアリングを握れば、なじみのホテルに着いたような安心感というか、ああこれこれという懐かしさのようなものがこみあげてくる。指に吸い付くしっとり滑らかな革(ラヴァリナレザーというらしい)の感触はそれだけでうっとりする。どんなにプレミアムと言い張っても、ラフな仕上げのステアリングホイールを握った途端に気持ちがシュンと萎(しぼ)んでしまうような車も多いが、アルピナはステアリングホイールの感触にその丹精が表れている。

ワールドプレミアは2013年3月のジュネーブショー。日本では2014年11月に180台の限定というかたちで発表された。
ワールドプレミアは2013年3月のジュネーブショー。日本では2014年11月に180台の限定というかたちで発表された。
インテリアではネバダレザーのシートが標準。独特の感触を持つラヴァリナレザーを用いたステアリングももちろん標準装備。
インテリアではネバダレザーのシートが標準。独特の感触を持つラヴァリナレザーを用いたステアリングももちろん標準装備。
アルピナのプロダクションプレートがセンターパネルに装着される。試乗車のシリアルナンバーは「411」。
アルピナのプロダクションプレートがセンターパネルに装着される。試乗車のシリアルナンバーは「411」。
試乗車のボディーカラーはアルピンホワイト。「デコセット」と呼ばれるボディーサイドのデコレーションラインはゴールド。
試乗車のボディーカラーはアルピンホワイト。「デコセット」と呼ばれるボディーサイドのデコレーションラインはゴールド。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る