ジャガー、スポーティーな装いのXFを追加発売

2015.04.27 自動車ニュース
「ジャガーXF 2.0 R-Sport」
「ジャガーXF 2.0 R-Sport」

ジャガー、スポーティーな装いの「XF」を追加発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年4月24日、4ドアセダン「XF」の特別仕様車「XF 2.0 R-Sport」を100台追加発売すると発表した。

XF 2.0 R-Sportは、エントリーグレードの「XF 2.0 Luxury」をベースにスポーティーさを強調する装備を充実させた特別仕様車であり、2014年12月に100台限定で発売された。

今回追加販売されるモデルについては、基本的な特別装備の内容は、すでに販売されているものと共通。ただし、ボディーカラーについては「オスミウム」(メタリック)が廃止され、代わって「ストラタスグレー」(メタリック)が採用されている。

特別装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・トランクリッドスポイラー
・サイドシルエクステンション
・スポーツフロントバンパー
・フロントアンダースポイラー
・ブラックグリル+クロムグリルサラウンド
・ボディー同色リアバランス
・ブラックウィンドウサラウンド
・18インチLyraアロイホイール
・「R-Sport」バッジ

<インテリア>
・スウェードクロス/ボンドグレインレザー 6ウェイ(運転席)/6ウェイ(助手席) 電動シート
・ジェットヘッドライニング
・ピアノブラックベニア
・ブライトフィニッシュ・ステンレススチールペダル
・フロアマット
・「R-Sport」トレッドプレート

<機能装備>
・フロントパーキングコントロール+リアカメラ・パーキングコントロール
・ジャガースマートキーシステム(キーレスエントリー)

このほかにも、オプションとして19インチ Aquilaアロイホイールを用意している。ボディーカラーは「ポラリス・ホワイト」(ソリッド)に加え、有償色として先述の「ストラタスグレー」(メタリック)、「アルティメイト・ブラック」(メタリック)、「オデッセイ・レッド」(メタリック)を用意。インテリアカラーはチャコール(レッドコントラスト ステッチ付き)となっている。

価格は645万7000円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ジャガーXF 20d ピュア(FR/8AT)/XF 25t プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.26 試乗記 ボディーにアルミニウムを大々的に採用し、先進的なインフォテインメントシステムを搭載するなど、大きく飛躍したジャガーの新型「XF」。2リッターディーゼルエンジン搭載車と、同じく2リッターガソリンエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る