ジャガー、スポーティーな装いのXFを追加発売

2015.04.27 自動車ニュース
「ジャガーXF 2.0 R-Sport」
「ジャガーXF 2.0 R-Sport」

ジャガー、スポーティーな装いの「XF」を追加発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年4月24日、4ドアセダン「XF」の特別仕様車「XF 2.0 R-Sport」を100台追加発売すると発表した。

XF 2.0 R-Sportは、エントリーグレードの「XF 2.0 Luxury」をベースにスポーティーさを強調する装備を充実させた特別仕様車であり、2014年12月に100台限定で発売された。

今回追加販売されるモデルについては、基本的な特別装備の内容は、すでに販売されているものと共通。ただし、ボディーカラーについては「オスミウム」(メタリック)が廃止され、代わって「ストラタスグレー」(メタリック)が採用されている。

特別装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・トランクリッドスポイラー
・サイドシルエクステンション
・スポーツフロントバンパー
・フロントアンダースポイラー
・ブラックグリル+クロムグリルサラウンド
・ボディー同色リアバランス
・ブラックウィンドウサラウンド
・18インチLyraアロイホイール
・「R-Sport」バッジ

<インテリア>
・スウェードクロス/ボンドグレインレザー 6ウェイ(運転席)/6ウェイ(助手席) 電動シート
・ジェットヘッドライニング
・ピアノブラックベニア
・ブライトフィニッシュ・ステンレススチールペダル
・フロアマット
・「R-Sport」トレッドプレート

<機能装備>
・フロントパーキングコントロール+リアカメラ・パーキングコントロール
・ジャガースマートキーシステム(キーレスエントリー)

このほかにも、オプションとして19インチ Aquilaアロイホイールを用意している。ボディーカラーは「ポラリス・ホワイト」(ソリッド)に加え、有償色として先述の「ストラタスグレー」(メタリック)、「アルティメイト・ブラック」(メタリック)、「オデッセイ・レッド」(メタリック)を用意。インテリアカラーはチャコール(レッドコントラスト ステッチ付き)となっている。

価格は645万7000円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 第8回:XFは生粋のドライバーズカーである(最終回)
    2カ月間で3000kmを後にして思ったこと
    2016.8.24 特集 2カ月にわたってリポートしてきた「ジャガーXF」の長期試乗記も、今回でいよいよ最終回。3000kmあまりを後にして、われわれの手元に残ったXFの手応えは……。まずは燃費の報告から。総平均は9.2km/リッターまで上昇した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】NEW 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る