ジャガー、スポーティーな装いのXFを追加発売

2015.04.27 自動車ニュース
「ジャガーXF 2.0 R-Sport」
「ジャガーXF 2.0 R-Sport」
    拡大

ジャガー、スポーティーな装いの「XF」を追加発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年4月24日、4ドアセダン「XF」の特別仕様車「XF 2.0 R-Sport」を100台追加発売すると発表した。

XF 2.0 R-Sportは、エントリーグレードの「XF 2.0 Luxury」をベースにスポーティーさを強調する装備を充実させた特別仕様車であり、2014年12月に100台限定で発売された。

今回追加販売されるモデルについては、基本的な特別装備の内容は、すでに販売されているものと共通。ただし、ボディーカラーについては「オスミウム」(メタリック)が廃止され、代わって「ストラタスグレー」(メタリック)が採用されている。

特別装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・トランクリッドスポイラー
・サイドシルエクステンション
・スポーツフロントバンパー
・フロントアンダースポイラー
・ブラックグリル+クロムグリルサラウンド
・ボディー同色リアバランス
・ブラックウィンドウサラウンド
・18インチLyraアロイホイール
・「R-Sport」バッジ

<インテリア>
・スウェードクロス/ボンドグレインレザー 6ウェイ(運転席)/6ウェイ(助手席) 電動シート
・ジェットヘッドライニング
・ピアノブラックベニア
・ブライトフィニッシュ・ステンレススチールペダル
・フロアマット
・「R-Sport」トレッドプレート

<機能装備>
・フロントパーキングコントロール+リアカメラ・パーキングコントロール
・ジャガースマートキーシステム(キーレスエントリー)

このほかにも、オプションとして19インチ Aquilaアロイホイールを用意している。ボディーカラーは「ポラリス・ホワイト」(ソリッド)に加え、有償色として先述の「ストラタスグレー」(メタリック)、「アルティメイト・ブラック」(メタリック)、「オデッセイ・レッド」(メタリック)を用意。インテリアカラーはチャコール(レッドコントラスト ステッチ付き)となっている。

価格は645万7000円

(webCG)
 

関連キーワード:
XFジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ジャガー、「XF」の2018年モデルを発表 2017.11.27 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月27日、ラグジュアリーサルーン「ジャガーXF」の2018年モデルを発表し、同日受注を開始した。車両価格は605万円~1147万円。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る