ダイハツ、衝突回避支援システムの性能を強化

2015.04.28 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA II”」(手前)と「ムーヴX“SA II”」
「ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA II”」(手前)と「ムーヴX“SA II”」

ダイハツ、衝突回避支援システムの性能を強化

ダイハツ工業は2015年4月27日、軽乗用車「ムーヴ」「タント」に一部改良を実施し、同年5月11日に発売すると発表した。

「タントX“SA II”」
「タントX“SA II”」
「スマートアシストII」のカメラ。
「スマートアシストII」のカメラ。
「衝突警報機能(対歩行者)」では、歩行者と衝突する危険性を検知すると、ブザー音とメーター内の表示でドライバーに警告を行う。
「衝突警報機能(対歩行者)」では、歩行者と衝突する危険性を検知すると、ブザー音とメーター内の表示でドライバーに警告を行う。
「タントX“SA II”」
「タントX“SA II”」
「タントカスタムX“トップエディションSA II”」
「タントカスタムX“トップエディションSA II”」

■カメラを搭載することでより高性能&多機能に

今回の改良では、衝突回避支援システム「スマートアシスト」の性能を改善。赤外線レーザーやソナーセンサーに加え、新たにカメラを搭載した「スマートアシストII」を両モデルに採用した。

具体的な変更の内容は、以下の通り。

<追加機能>
・衝突警報機能(対歩行者)
約4~50km/hの車速での走行中に、前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに警告を行い、注意を促す。

・車線逸脱警報機能
約60km/h以上の車速での走行中に、ウインカーが出ていない状態で走行している車線から車両がはみ出しそうになった場合、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに警告を行う。

<性能向上>
・衝突回避支援ブレーキ機能
走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に緊急ブレーキを作動させることで、衝突被害の軽減や衝突の回避を支援する機能。これまでは約4~30km/hの速度域でしか作動しなかったが、「スマートアシストII」では約4~50km/hの速度域で、前方車両との速度差が約30km/h以内の場合に作動するようになった。

・衝突警報機能(対車両)
走行中に前方の車両を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にブザーとメーター内の警告灯でドライバーに警告を行う機能。これまでは約4~30km/hの速度域でしか作動しなかったが、「スマートアシストII」では、約4~100km/hの速度域で、前方車両との速度差が約60km/h以内の場合に作動するようになった。

■「タント」では装備の強化やボディーカラーの追加も

タントについては「スマートアシストII」の採用に加えて、以下の改良も施している。

・パワースライドドアにワンタッチオープン機能を追加。
・VSC&TRCを全車標準装備化。
・LEDヘッドランプを「X」「X SA II」「Xターボ」「XターボSA II」「G」「G SA II」にオプション設定。
・特別仕様車「トップエディション」シリーズにLEDフォグランプを採用。
・「カスタムX“トップエディションSA II”のアルミホイールのデザインを変更。
・「ディープブルークリスタルマイカ」や「シルキーグリーンパール」など新色5色を追加。

価格はムーヴが113万4000円~180万3600円、タントが122万400円~187万3800円。

(webCG)
 

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
ホームへ戻る