第1回:250ccのスクーターから2300ccのクルーザーまで
輸入バイク チョイ乗りリポート(前編)

2015.04.30 特集

ゴージャスなアメリカンクルーザーから、「原付免許」で乗れる50ccのスクーターまで、世界各国のバイクを集めた「JAIA輸入二輪車試乗会」が、神奈川県・大磯で行われた。初開催となる今回は、40台の試乗車が集結。その中から、編集部がピックアップした注目モデルの走りをリポートする。

ドゥカティ・モンスター821


ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2170×800×1055mm
ホイールベース:1480mm
シート高:785~810mm(調整可)
重量:205.5kg
エンジン:821cc 水冷4ストローク L型2気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:101ps(74.6kW)/8000rpm
最大トルク:9.1kgm(89.4Nm)/7750rpm
タンク容量:17.5リッター
タイヤサイズ:(前)120/70ZR17/(後)180/60ZR17

Lツインの鼓動を存分に味わえる
ドゥカティ・モンスター821……138万9000円

やっぱりイタリアン、まずは見た目でやられてしまう。ドゥカティの肝ともいえるL型2気筒エンジンは、水冷になって主張が控えめになったけれど、そのエンジンをつり下げる赤いトレリスフレーム、なまめかしいカーブを描くエキゾーストパイプ、凝った造形のアルミダイカスト製リアスイングアームなど、見ているだけで満足できるのだ。
イエローのリアスプリングを丸見え状態にするなど、メカニズムがむき出しという二輪車ならではの魅力も忘れていない。

現行「モンスター」には「1200」と今回の「821」があるけれど、雨の中で自分のような素人ライダーが操るなら、101psを発生する821でも十分すぎるほどエキサイティング。水冷インジェクション化されたエンジンは、昔のドゥカティも知っている身からすると、あっけないほどの扱いやすさなので、ウエット路面でも気を遣うことはなかった。
ハンドリングも名前から想像するほど過敏ではなく、乗り心地は硬くないし、身長170cmの僕でも楽に足が着く。初めての大型二輪車として選んでも問題ないだろう。

それでもLツインならではの世界をこれでもか! というほど味わえる。821ccの2気筒というと、同じイタリアの四輪車「フィアット500ツインエア」が近いけれど、鼓動感はそれとは比較にならないぐらいピュアでダイレクト。それが2000rpmから7000rpmあたりまでという幅広いゾーンで味わえる。車体の中にエンジンが収まるクルマと、それがむき出しのモーターサイクルの違いを教えられる一台でもあった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入二輪車試乗会2015」の過去記事リストへ