第26回:「モデルS」の走りをお試しあれ!
インポーターに聞きました~テスラ編~

2015.05.04 JAIA輸入車試乗会2015

いよいよ日本において「モデルS」の納車を開始したテスラ。電気自動車専門メーカーである同社の、2015年の取り組みを聞いた。

セダンタイプの電気自動車「テスラ・モデルS」。2015年夏からは、4WD車の納車も始まる予定だ。
セダンタイプの電気自動車「テスラ・モデルS」。2015年夏からは、4WD車の納車も始まる予定だ。 拡大
2014年9月の納車式において、「モデルS」とともに撮影に応じる、テスラのイーロン・マスクCEO。
2014年9月の納車式において、「モデルS」とともに撮影に応じる、テスラのイーロン・マスクCEO。 拡大
今回は、テスラモーターズジャパン 広報/渉外の土肥亜都子さんに話をうかがった。
今回は、テスラモーターズジャパン 広報/渉外の土肥亜都子さんに話をうかがった。 拡大

全国で「モデルS」の試乗会を開催

――2014年はテスラにとってどのような年でしたか?

2010年から予約を受け付けていたモデルSの納車を、ようやく始めることができました。2基のモーターを搭載した4WD車「デュアルモーター」の日本導入についてもアナウンスできましたし、テスラにとってよい一年になったと考えております。

――今注目の車種、また今年導入を予定している車種にはどのようなものがありますか?

今年はデュアルモーター仕様のモデルSのデリバリーが始まります。現在販売予約を受け付けているところで、夏以降に順次納車させていただく予定です。また、モデルSはソフトウエアのアップデートによって逐次新機能を搭載していくことが可能となっており、今年の夏以降はカーナビゲーションに関連した機能も配信いたします。

ファイナンシャルサービスに関する分野では、納車の際に弊社が提示する価格で、お客さまのローン借入れ期間の49カ月目の時点でモデルSを買い取ることを保証するプログラムを開始し、ご購入をサポートしたいと考えています。

――全国の『webCG』読者に一言お願いします!

今年は全国でモデルSの試乗会を開催いたします。「百聞は一見にしかず(Seeing is believing)」ならぬ「試乗に勝る体験なし(Driving is believing)」。ぜひご参加いただき、会場でテスラを体験してください。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田剛資/写真=峰 昌宏、田村 弥、webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
  • 第19回:完全自動運転が実現する日は近い!?
    インポーターに聞きました~テスラ編~
    2017.5.15 JAIA輸入車試乗会2017 2017年4月上旬には株式の時価総額でゼネラルモーターズを抜き、アメリカの自動車メーカーで首位に立ったテスラ。飛ぶ鳥を落とす勢いのEV専業メーカーの、昨年の販売状況はどうだった? そして今年の動向は?
  • 第383回:テスラが自動運転機能の安全性を強化
    新ソフト「バージョン8.0」搭載の「モデルS」に試乗
    2016.11.29 エディターから一言 テスラモーターズは2016年の秋、オートパイロットと呼ばれる自動運転機能の安全性強化を中心とした新ソフトウエア「バージョン8.0」の配信を開始した。このアップデートでテスラはどのように進化したのか。同ソフト搭載の「モデルS」に試乗した。
ホームへ戻る