第27回:サーキットで走る姿をご覧あれ
インポーターに聞きました~ランボルギーニ編~

2015.05.05 特集

「アヴェンタドール」も「ウラカン」も絶好調で、2014年は過去最高の世界販売台数を達成したランボルギーニ。今年はプロダクトだけでなく、サーキットでの活躍にも注目してほしいという。

最高出力700psを発生するV12エンジンを搭載した「アヴェンタドールLP700-4」。2015年3月のジュネーブショーでは、高性能モデルの「LP750-4スーパーヴェローチェ」が発表された。
最高出力700psを発生するV12エンジンを搭載した「アヴェンタドールLP700-4」。2015年3月のジュネーブショーでは、高性能モデルの「LP750-4スーパーヴェローチェ」が発表された。
2014年3月のジュネーブショーで発表された「ウラカンLP610-4」。日本では同年7月に披露された。
2014年3月のジュネーブショーで発表された「ウラカンLP610-4」。日本では同年7月に披露された。
ランボルギーニが主催する「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」では、今年は「ガヤルド」に加え、「ウラカン」の競技車両もレースに加わる。
ランボルギーニが主催する「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」では、今年は「ガヤルド」に加え、「ウラカン」の競技車両もレースに加わる。
FIA-GT3規定にのっとって開発された「ウラカンGT3」。FIA-GT3規定は、文中のブランパン耐久シリーズのほかにも、さまざまなモータースポーツで車両規定として用いられている。日本のSUPER GTでも、ウラカンの活躍する姿が見られるかもしれない。
FIA-GT3規定にのっとって開発された「ウラカンGT3」。FIA-GT3規定は、文中のブランパン耐久シリーズのほかにも、さまざまなモータースポーツで車両規定として用いられている。日本のSUPER GTでも、ウラカンの活躍する姿が見られるかもしれない。

新型車「ウラカン」がサーキットに登場

――昨年(2014年1~12月)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

2014年の世界販売台数は2530台と、2013年の2121台を上回る過去最高の記録となりました。おかげさまで、日本市場においても約170台を記録しています。

――昨年デビューした「ウラカンLP610-4」、旗艦車種である「アヴェンタドールLP700-4」、それぞれの販売状況はいかがでしょうか?

ウラカンLP610-4については、2014年3月のジュネーブショーでのワールドプレミアから同年末までに、3300台を超える受注がありました。2014年半ばの市場導入から同年末までに、合計1137台を納車しています。
また、アヴェンタドールLP700-4は、クーペ、ロードスター合わせて1128台を記録しました。これはランボルギーニにおける歴代V12モデルの販売記録を破るものです。日本でもご好評いただいており、12カ月のバックオーダーを抱えています。

――プロダクト以外の点において、今年注目すべき取り組みはありますか?

ランボルギーニが主催するワンメイクレース「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」を今年も各国で開催いたします。2015年には「ウラカンLP620-2スーパートロフェオ」がデビューしており、「ガヤルドLP570-4スーパートロフェオ」とともにサーキットで熱戦を繰り広げます。

また2015年で4シーズン目を迎えるアジアシリーズについては、これまで日本では1会場のみでの開催でしたが、今年は第1ラウンドを富士スピードウェイ(6月20、21日)、第2ラウンドをツインリンクもてぎ(7月11、12日)と、2つの会場で行うこととなりました。日本の皆さまに、ランボルギーニの魅力に触れていただく機会が増えるかと思います。

このほかにも、今年の1月末にはFIA-GT3規定に適合した「ウラカン GT3」を発表しました。2015年シーズンからヨーロッパで開催されるブランパン耐久シリーズに参戦しますので、こちらもご注目ください。

――全国の『webCG』読者に一言お願いします!

ランボルギーニは常に革新的な技術を追求したモデルを発表し続けています。2015年においても、皆さまを引きつける魅力的なスーパースポーツカーを発信していきますので、どうぞご期待ください。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田剛資/写真=峰 昌宏、ランボルギーニ・ジャパン)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2015」の過去記事リストへ