第98回:モノマネ中年男たちがミニの旅で見つけたものは?
『イタリアは呼んでいる』

2015.05.01 エッセイ

旅とグルメの映画ではない

テラスで電話を受けてイタリア取材の誘いに応じた次のカットでは、もうバローロあたりでぶどう畑の中を走っている。目のくらむようなスピード感だ。車内ではふたりの男が大阪のおばちゃんもかくやという勢いでしゃべり続けている。彼らが何者であるのか、何を目的に旅しているのか、よくわからないままに物語が進行していく。爆裂トークは最後までノンストップだ。セリフ量は橋田ドラマをもしのぐ。一体これは、何の映画なのか。

『イタリアは呼んでいる』というタイトルからは、風光明媚(めいび)な名勝地をめぐる旅の映画だと想像できる。それは誤った推測ではない。ピエモンテ州からトスカーナ、ローマを通ってカプリ島までの5泊6日の旅が描かれる。そして、イタリアといえば美食とワインだ。各地の一流レストランで土地の食材を使ったおいしそうな料理を食べるシーンがふんだんに登場する。

ならば、この映画を観れば自分も陽光あふれるイタリアの風景を舞台にグルメを楽しんでいる気分になり、しばし幸せな気分にひたれるというわけか。残念ながら、それは違う。監督はマイケル・ウィンターボトム、“普通”の映画を撮ると思ったら大間違いだ。この映画にはさまざまな仕掛けが隠されていて、お気楽モードで観られる作品ではない。ウキウキ気分で映画館に出掛けたマダムたちには、まことにお気の毒さまと申し上げる。

(C)Trip Films Ltd 2014

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。