ポルシェ911カレラ4 GTS(4WD/7AT)

“スーパー”なスポーツカー 2015.05.06 試乗記 豊富なラインナップをそろえる「ポルシェ911」に、高性能モデル「GTS」シリーズが登場。クーペの4WDモデル「カレラ4 GTS」を借り出し、その実力を試した。

ポルシェの巧みな商品戦略

ラインナップ中に多種多様なバリエーションを取りそろえる“世界一選択肢の広いスポーツカー”――ポルシェ911は、今やそう紹介してもよいモデルだ。そうした中から今回ピックアップしたのは、1827万円というプライスタグを掲げるカレラ4 GTS。端的に言えば、「カレラS」と「GT3」のはざまを狙って投入されたのが、クーペとカブリオレ、RWD(後輪駆動)と4WDで構成される、911のカレラGTSシリーズである。

現在の911シリーズのスターティングプライスは、「カレラ」の1178万円。過去には“1000万円切り”の価格から用意された実績もある911だが、「ボクスター/ケイマン」が固有のポジションを確立させた現在、「911は、よりスーパースポーツカーとしての立ち位置を確固たるものとしよう」という戦略も見え隠れするのがこの価格設定でもある。

それでも、ボクスター/ケイマンに幾ばくかのオプションを盛ってみると、「これなら911が買えちゃうかな」と思わせる価格になるという巧みさは相変わらず。もっとも、911にオプションを載せれば当然こちらも価格は上昇するわけで、実際には、やはり911シリーズとボクスター/ケイマンの間には、厳然たる価格差が存在する。

かくして、常に高額オプションにおびえながらクルマ選びをしなければならない(?)ポルシェ車の中にあって、まるでそうした声が届いたかのように当初から充実した装備を誇るのが、「マカン」以外の各モデルに設定されるGTSグレードの、ひとつの特徴でもある。
ちなみに、カレラSの最高出力は400psでGT3のそれは475ps。一方GTSは430psと、これまた何とも巧みな設定になっている。

ポルシェの幅広い車種に設定されているスポーツグレードの「GTS」。「911」には「カレラGTS」「カレラ4 GTS」「カレラGTSカブリオレ」「カレラ4 GTSカブリオレ」「タルガ4 GTS」の5グレードがラインナップされている。
ポルシェの幅広い車種に設定されているスポーツグレードの「GTS」。「911」には「カレラGTS」「カレラ4 GTS」「カレラGTSカブリオレ」「カレラ4 GTSカブリオレ」「タルガ4 GTS」の5グレードがラインナップされている。
インテリアでは、各所にブラックのアルカンターラを採用している。
インテリアでは、各所にブラックのアルカンターラを採用している。
走りに関する装備としては、「スポーツクロノパッケージ」や「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」などが標準で搭載される。
走りに関する装備としては、「スポーツクロノパッケージ」や「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」などが標準で搭載される。

ポルシェ911カレラ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る