ポルシェ911カレラ4 GTS(4WD/7AT)

“スーパー”なスポーツカー 2015.05.06 試乗記 豊富なラインナップをそろえる「ポルシェ911」に、高性能モデル「GTS」シリーズが登場。クーペの4WDモデル「カレラ4 GTS」を借り出し、その実力を試した。

ポルシェの巧みな商品戦略

ラインナップ中に多種多様なバリエーションを取りそろえる“世界一選択肢の広いスポーツカー”――ポルシェ911は、今やそう紹介してもよいモデルだ。そうした中から今回ピックアップしたのは、1827万円というプライスタグを掲げるカレラ4 GTS。端的に言えば、「カレラS」と「GT3」のはざまを狙って投入されたのが、クーペとカブリオレ、RWD(後輪駆動)と4WDで構成される、911のカレラGTSシリーズである。

現在の911シリーズのスターティングプライスは、「カレラ」の1178万円。過去には“1000万円切り”の価格から用意された実績もある911だが、「ボクスター/ケイマン」が固有のポジションを確立させた現在、「911は、よりスーパースポーツカーとしての立ち位置を確固たるものとしよう」という戦略も見え隠れするのがこの価格設定でもある。

それでも、ボクスター/ケイマンに幾ばくかのオプションを盛ってみると、「これなら911が買えちゃうかな」と思わせる価格になるという巧みさは相変わらず。もっとも、911にオプションを載せれば当然こちらも価格は上昇するわけで、実際には、やはり911シリーズとボクスター/ケイマンの間には、厳然たる価格差が存在する。

かくして、常に高額オプションにおびえながらクルマ選びをしなければならない(?)ポルシェ車の中にあって、まるでそうした声が届いたかのように当初から充実した装備を誇るのが、「マカン」以外の各モデルに設定されるGTSグレードの、ひとつの特徴でもある。
ちなみに、カレラSの最高出力は400psでGT3のそれは475ps。一方GTSは430psと、これまた何とも巧みな設定になっている。

ポルシェの幅広い車種に設定されているスポーツグレードの「GTS」。「911」には「カレラGTS」「カレラ4 GTS」「カレラGTSカブリオレ」「カレラ4 GTSカブリオレ」「タルガ4 GTS」の5グレードがラインナップされている。
ポルシェの幅広い車種に設定されているスポーツグレードの「GTS」。「911」には「カレラGTS」「カレラ4 GTS」「カレラGTSカブリオレ」「カレラ4 GTSカブリオレ」「タルガ4 GTS」の5グレードがラインナップされている。
インテリアでは、各所にブラックのアルカンターラを採用している。
インテリアでは、各所にブラックのアルカンターラを採用している。
走りに関する装備としては、「スポーツクロノパッケージ」や「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」などが標準で搭載される。
走りに関する装備としては、「スポーツクロノパッケージ」や「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」などが標準で搭載される。

ポルシェ911カレラ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る