トヨタ・カローラ アクシオ 1.5G(FF/CVT)/カローラ フィールダー ハイブリッドG“AEROTOURER”(FF/CVT)

だから長年愛される 2015.05.05 試乗記 デビューから3年を経て、トヨタのセダン「カローラ アクシオ」とワゴン「カローラ フィールダー」にマイナーチェンジが施された。内外装のみならず、パワーユニットから安全装備まで手を入れられた、最新型の実力やいかに? 都内の一般道で試乗した。

磨きこまれた「普通」

乗った瞬間、すぐわかる濃密なカローラ感。先入観や予備知識を裏切らず、とても扱いやすくて役に立つ。だから半世紀もの長きにわたって「どこにでもあって、誰でも乗っているクルマ」なわけで、そのぶんマニアからは軽く見られがちだが、まさに「普通」であり「並」であることによってこそ、カローラならではの値打ちが輝く。

今度の新型も、本当にカローラ以外の何ものでもない。それも当然、新型とはいえ大掛かりなマイナーチェンジだから、これまでの良さを丁寧に温存したうえで細部まで磨き込み、驚くほどの完成度に到達している。

その中で新しいポイントは、2NR-FKE型と名付けられた新開発のエンジン。以前からある1NZ-FE型と同じ1.5リッターの4気筒ツインカムで、最高出力109ps/6000rpmと最大トルク13.9kgm/4000rpmもおおむね同レベルだが、JC08モードの燃費(レギュラーガソリン)が18.0km/リッターから23.4km/リッターへと大幅に改善された。大きな膨張比で高い効率を得られるアトキソンサイクルを導入したのが最大の特徴だ。

表皮にベロア調トリコットが用いられる「カローラ アクシオ 1.5G」のシート。よりベーシックなグレードの表皮には、トリコットが使われる。
アトキンソンサイクルや電動連続可変バルブタイミング機構が採用された、新開発の1.5リッター直4エンジン。搭載モデルのJC08モード燃費は、「カローラ アクシオ」で23.4km/リッター、「カローラ フィールダー」で23.0km/リッター。
現在販売されている「カローラ」は、11代目にあたるモデル。2012年5月のデビューからおよそ3年を経た2015年4月に、今回のテスト車であるマイナーチェンジ版が発売された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ アクシオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る