第2回:250ccのスクーターから2300ccのクルーザーまで
輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)

2015.05.03 特集

丸い顔で笑う姿が特徴的なメガネ男子のwebCG編集部員、ホッタ青年から「JAIA初の輸入二輪車試乗会が大磯で行われるのでぜひ」という連絡を受けたのは、東京の桜が一気にほころび始める頃だった。だからつい気軽に応じた。

しかし取材日の2015年4月8日は雨。しかも午前中には、あろうことかみぞれが降った。いや、ホッタ青年に嫌みを言いたいわけじゃない。そうではなく、読者の皆さまには、私が試乗した全5台の記事を通じて、雨がっぱ姿の寒々しさを差し引いて楽しんでいただけたらと、先に言い訳しておきたいだけなのです。まったく、なんて日だったんだ!

BMW R1200GS
BMW R1200GS

第2回:250ccのスクーターから2300ccのクルーザーまで輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)の画像

第2回:250ccのスクーターから2300ccのクルーザーまで輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)の画像
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2205×935×1490mm
ホイールベース:1550mm
重量:245kg
エンジン:1169cc 水冷4ストローク 水平対向2気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:125ps(92kW)/7750rpm
最大トルク:12.7kgm(125Nm)/6500rpm
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2205×935×1490mm
    ホイールベース:1550mm
    重量:245kg
    エンジン:1169cc 水冷4ストローク 水平対向2気筒 DOHC 4バルブ
    最高出力:125ps(92kW)/7750rpm
    最大トルク:12.7kgm(125Nm)/6500rpm

ビビらず素直に体を預けるなり!
BMW R1200GS……224万1000円

雨の中でも小躍りするかのようなホッタ青年のキレあるアテンドに従い、まずはBMWの「R1200GS」から。「エンデューロの王道だし、それにBMWのオートバイと聞いて皆が真っ先に思い浮かべるのはコレだと思ったから」。以上は、数あるBMWのラインナップからR1200GSを抜き出した彼の理由。本当に皆がそうか? それはさておき、寒さに震える十両程度の力士にいきなり横綱とガチンコ対決を挑ませるとは、ホッタ青年はどんな性癖なんだろう?

とはいえ心強かったのは、取り組み経験を持っていたことだ。もう10年以上前だから、GSがまだ完全空冷のボクサーエンジンを搭載していた頃、東京から香川まで一気に走ったことがある。目の前に立ちはだかる巨体はまさに二輪の横綱。四つに組むのさえビビったが、いざ胸を預けたらその軽やかさに驚いた。幅の狭いフロントスクリーンの最上部に小さなリップが備わっていたのだけど、そのわずかな反リ返りがヘルメットに当たるはずの走行風を完璧に逃がしていた。そのリップだけでもBMWの神髄を見た気がして、チューしたいくらいだった。

2013年から水冷ヘッドに変わった現行のR1200GSは、以前より各部を鍛え上げ、より軽やかさが増していた。たとえるなら、体重150kgの巨漢なのに100m走10秒台という感じ。そんな相撲取りがいるもんかと突っ込まれるだろうけど、そういう異次元性がR1200GSの魅力なのだ。

このオートバイに乗るコツは、決してビビらず素直に体を預けること。さすれば乗り手の技量に関係なく、およそどんな場面でもいなすように走るなり。
その存在感と安心感は依然として名力士そのものだ。バイク好きなら皆、人生というエンデューロを旅するとき、その相棒選びで必ずR1200GSが頭に浮かぶ。……という結論で、どうだろうホッタ青年?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入二輪車試乗会2015」の過去記事リストへ