スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)

これぞ上級グレード 2015.05.07 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。

つい遠くまで走ってしまう楽しさ

試乗に土日の2日間をもらったので、ちゃんと燃費を計測するために300kmくらいは走れるかなと考えていた。しかしである。2日間が終わってみると、走行距離は800kmを超えていた。あまりに気持ちよくて、ついつい遠くまで走ってしまった。初日は関越自動車道で群馬県富岡市あたりまで行き、甘楽(かんら)のワインディングロードを楽しんだ。翌日は箱根に出かけてターンパイクと芦ノ湖スカイラインで至福のひとときを過ごし、そのまま勢いあまって青梅から飯能方面まで走っていった。いささかはしゃぎ過ぎだったと反省しきりであるが、「スズキ・アルト ターボRS」というのはそういうクルマなのである。

評判を聞いていたので試乗を心待ちにしていた。そういう時は往々にして期待値が高くなりすぎてしまう。思ったほどじゃなかったな、という感想を持ってしまいがちだが、ターボRSの出来は想像をはるかに上回っていた。軽自動車の走りが全体的に底上げされていて、トールワゴンタイプのモデルでも驚くほどスポーティーだったりする。だとすれば、軽量で剛性も確保できる小型のボディーであればさらに高い性能を得られるのは当然のことだ。それにしても、ここまで仕上げてきたことには称賛を送らずにはいられない。

見た目からして好ましい。ベースモデルがすでに新鮮なスタイルだったが、ターボRSにはスポーティーさを強調する意匠が凝らされていた。ヘッドランプにはメガネ型のガーニッシュが加えられて目ヂカラを強めており、フォグランプも装備される。リアのコンビネーションランプの下にはハイパフォーマンスカーの2本出しマフラーにも見える装飾があるが、もちろんこれは形だけ。サイドには誇らしげに「TURBO RS」のデカールが貼られている。「アルトワークス」時代にはもっと派手な演出がなされていたような気がするが、このモデルにはこれくらいがちょうどいい。

メッキ装飾されたヘッドランプガーニッシュが目を引く「アルト ターボRS」のフロントマスク。
メッキ装飾されたヘッドランプガーニッシュが目を引く「アルト ターボRS」のフロントマスク。
テスト車のボディーカラー「ピュアレッド」では、デカールが黒となる。それ以外のボディーカラーでは、赤いデカールが貼られる。
テスト車のボディーカラー「ピュアレッド」では、デカールが黒となる。それ以外のボディーカラーでは、赤いデカールが貼られる。
メッキのリアバンパーガーニッシュは「ターボRS」の専用装備品。
メッキのリアバンパーガーニッシュは「ターボRS」の専用装備品。

スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る