クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)

これぞ上級グレード 2015.05.07 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。

つい遠くまで走ってしまう楽しさ

試乗に土日の2日間をもらったので、ちゃんと燃費を計測するために300kmくらいは走れるかなと考えていた。しかしである。2日間が終わってみると、走行距離は800kmを超えていた。あまりに気持ちよくて、ついつい遠くまで走ってしまった。初日は関越自動車道で群馬県富岡市あたりまで行き、甘楽(かんら)のワインディングロードを楽しんだ。翌日は箱根に出かけてターンパイクと芦ノ湖スカイラインで至福のひとときを過ごし、そのまま勢いあまって青梅から飯能方面まで走っていった。いささかはしゃぎ過ぎだったと反省しきりであるが、「スズキ・アルト ターボRS」というのはそういうクルマなのである。

評判を聞いていたので試乗を心待ちにしていた。そういう時は往々にして期待値が高くなりすぎてしまう。思ったほどじゃなかったな、という感想を持ってしまいがちだが、ターボRSの出来は想像をはるかに上回っていた。軽自動車の走りが全体的に底上げされていて、トールワゴンタイプのモデルでも驚くほどスポーティーだったりする。だとすれば、軽量で剛性も確保できる小型のボディーであればさらに高い性能を得られるのは当然のことだ。それにしても、ここまで仕上げてきたことには称賛を送らずにはいられない。

見た目からして好ましい。ベースモデルがすでに新鮮なスタイルだったが、ターボRSにはスポーティーさを強調する意匠が凝らされていた。ヘッドランプにはメガネ型のガーニッシュが加えられて目ヂカラを強めており、フォグランプも装備される。リアのコンビネーションランプの下にはハイパフォーマンスカーの2本出しマフラーにも見える装飾があるが、もちろんこれは形だけ。サイドには誇らしげに「TURBO RS」のデカールが貼られている。「アルトワークス」時代にはもっと派手な演出がなされていたような気がするが、このモデルにはこれくらいがちょうどいい。

メッキ装飾されたヘッドランプガーニッシュが目を引く「アルト ターボRS」のフロントマスク。
メッキ装飾されたヘッドランプガーニッシュが目を引く「アルト ターボRS」のフロントマスク。 拡大
テスト車のボディーカラー「ピュアレッド」では、デカールが黒となる。それ以外のボディーカラーでは、赤いデカールが貼られる。
テスト車のボディーカラー「ピュアレッド」では、デカールが黒となる。それ以外のボディーカラーでは、赤いデカールが貼られる。 拡大
メッキのリアバンパーガーニッシュは「ターボRS」の専用装備品。
メッキのリアバンパーガーニッシュは「ターボRS」の専用装備品。 拡大

スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

やり過ぎ感のないデザイン

最近のトールワゴンやミニバンのカスタムモデルのいかつさに比べると、ターボRSのデザインはやり過ぎ感がない。エアロパーツも付いているものの、至って控えめだ。試乗車のボディーカラーが「ピュアレッド」だったことも、おとなしめな印象をもたらした。前後のロアガーニッシュとドアミラーはレッドしか用意されないので、「パールホワイト」と「ブルーイッシュブラックパール3」を選ぶともう少し攻撃的なイメージになる。

内装はブラック&レッドという古典的な色調で、いかにもスポーツタイプらしい選択だ。シートも黒い生地に赤いストライプが入っている。ベースモデルとは形状も変えてホールド性を高めているという。触るとフニャッとした感覚があって心地よいのだが、座るとしっかり支えてくれる。メーターは回転計が加えられて3眼タイプとなっている。ドアのアームレストを見ると、ピアノブラックのような質感だった。軽自動車の内装は、今や本当に侮れないものになっている。

ボディーの軽さは、走りだしてすぐに実感する。重量物をヨッコラショと動かす感覚ではないのだ。抵抗感なく軽やかに発進する。ただし、低速では若干ギクシャクしないでもない。それはCVTに慣れてしまった体だから思うだけのこと。実用上の不都合はまったくない。AGSのしつけのよさには感心してしまう。

MTを自動化したタイプのトランスミッションを初めて経験したのは、「フォルクスワーゲン・ルポ3L TDI」か「スマート・クーペ」だったと記憶している。乗り手の意思に反して不規則な挙動を繰り返す代物で、いくら燃費がよくてもこんなのはイヤだと強く思ったものだ。

「ターボRS」にはサイドアンダースポイラーが装着される。
「ターボRS」にはサイドアンダースポイラーが装着される。 拡大
ブラック×レッドの内装色は、各ボディーカラー共通。ステアリングホイールは本革巻きとなる。
ブラック×レッドの内装色は、各ボディーカラー共通。ステアリングホイールは本革巻きとなる。 拡大
サポート性を向上させた専用デザインのフロントシートを採用する。
サポート性を向上させた専用デザインのフロントシートを採用する。 拡大
後席のシート表皮もスポーティーなレッドステッチとなる。
後席のシート表皮もスポーティーなレッドステッチとなる。 拡大

高速道路でも安心の走り

登場から10年以上が経過して制御の質は着実に向上してきたものの、この手のトランスミッションには多少なりともガマンを強いられることが前提だった。ターボRSのAGSは専用のチューニングが施されており、十分にスポーティーな走りができる。ありがたいことにパドル付きで、山道ではテンポよくシフトダウンを楽しめるのだ。シフト操作そのものが無類に気持ちよく、ボディーの軽さと相まってアベレージスピードも速い。

これなら大丈夫だろうと、試しにカメラマンA氏にも乗ってもらった。このタイプのトランスミッションを忌み嫌う彼でも、きっとOKのはずだと思ったからだ。しかし、考えが甘かった。サーキットでは無類の速さを見せるA氏は、いつもどおりアクセルを思い切り踏み込んでいく。この流儀だと、AGSは言うことを聞いてくれない。スムーズにシフトアップさせるためには、一瞬アクセルをゆるめてやらなければならないからだ。出来はよくても、AGSはすべての人に受け入れられるわけではないようである。

ワインディングロードでの振る舞いは、ある程度予想通りではある。ただ、高速道路での走りにはそれほど大きな期待はしていなかった。ボディーの軽さはうっかりするとデメリットにもなりかねない。だから、高速コーナーでのどっしり感には思わずうなった。安心して走れるから、長距離を運転しても疲れない。大排気量のセダンやミニバンの中で、引けをとらない走りができる。スピードを増せば増すほどよくなるのだから恐れいった。

高回転域でのターボエンジンの音質が劇的に改善したことも、疲労軽減に役だっている。以前の軽のターボは、回した時に安っぽい音がするのが愉快ではなかった。「ホンダN-ONE」に乗った時にようやく満足のいく音質のターボが現れたと喜んだのだが、それに負けず劣らずの仕上がりである。


スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】の画像 拡大
搭載されるエンジンはR06A型の0.66リッター直3ターボ。64psと10.0kgmを発生する。
搭載されるエンジンはR06A型の0.66リッター直3ターボ。64psと10.0kgmを発生する。
    拡大
助手席シートバックポケットを備えるのも「ターボRS」の特徴。
助手席シートバックポケットを備えるのも「ターボRS」の特徴。 拡大
後席は可倒式で、たたんでラゲッジスペースを拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
後席は可倒式で、たたんでラゲッジスペースを拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます) 拡大

自然吸気エンジンに引けをとらない燃費

ただし、室内が静かだというわけではない。ロードノイズが大きく、風切音も気になる。高速走行時は、音楽を聴く環境とは言えない。ほかにもいくつか気になることはあった。仕方がないことだが、横風には弱かった。ダッシュボードやシートの質感はいいものの、床を見るとカーペットで覆いきれていない部分が目についた。エンジンフードやトランクリッドの裏側は、サフェーサーが見えており「作られたそのまま」という状態だ。

しかし、軽自動車とはもともとそういうものだった。割り切りがあるから安くできるのであり、必要最小限の機能と装備で実用に徹するのが身上である。その上スポーティーで小気味のいい走りを提供してくれて、値段は130万円を切っている。高性能、高付加価値の軽自動車が限りなく200万円に近いプライスとなっている中では、破格の安値である。

ターボRSは、パフォーマンスが高い分、燃費ではベースモデルに及ばない。売れ筋グレードの「X」は自然吸気エンジンにCVTの組み合わせでJC08モード燃費が37.0km/リッターなのに対し、ターボRSは25.6km/リッターにとどまる。しかし、実燃費では『webCG』のインプレッションでXが17.1km/リッター、今回は17.0km/リッターとほとんど差がなかった。決しておとなしい走りをしていたわけでもないにもかかわらず、この数字を記録したのは驚異的だ。

ターボRSは、飛ばし屋のための特殊なスポーツモデルではない。派手さを抑えた見た目どおり、ベースモデルより快適でクオリティーの高い上級グレードととらえるべきだ。Xとの価格差は16万円を切っている。パワフルなエンジンにパドルシフトが付き、内外装には上質な意匠を施されているのだから、ターボRSにはお買い得感がある。AGSがどうしてもイヤだというのでなければ、自信を持ってオススメできるモデルだ。

(文=鈴木真人/写真=荒川正幸)

ストラットタワーバーや高剛性のフロントバンパーメンバーの装着などにより、車体のねじり剛性は「アルト」に対して約5%向上している。
ストラットタワーバーや高剛性のフロントバンパーメンバーの装着などにより、車体のねじり剛性は「アルト」に対して約5%向上している。 拡大
装着されるタイヤのサイズは165/55R15。専用デザインのアルミホイールが装着される。
装着されるタイヤのサイズは165/55R15。専用デザインのアルミホイールが装着される。 拡大
レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能などの安全装備も「アルト」同様に用意される。
レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能などの安全装備も「アルト」同様に用意される。 拡大

スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

スズキ・アルト ターボRS

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1500mm
ホイールベース:2460mm
車重:670kg
駆動方式:FF
エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:5AT
最高出力:64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク:10.0kgm(98Nm)/3000rpm
タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)165/55R15 75V(ブリヂストン・ポテンザRE050A)
燃費:25.6km/リッター(JC08モード)
価格:129万3840円/テスト車=152万3124円
オプション装備:バックアイカメラ(1万800円) ※以下、販売店オプション カーナビゲーションシステム(17万9766円)/フロアマット(1万6902円)/ETC車載器(2万1816円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:2125km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:947.9km
使用燃料:55.6リッター
参考燃費:17.0km/リッター(満タン法)/16.3km/リッター(車載燃費計計測値)
 

スズキ・アルト ターボRS
スズキ・アルト ターボRS 拡大

スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
アルトスズキ試乗記

あなたにおすすめの記事