プジョー508SWグリフ(FF/6AT)

驚きの変わりっぷり 2015.05.12 試乗記 プジョーのフラッグシップモデル「508」がマイナーチェンジ。果たして、最新型の実力は……? ワゴンの上級モデルに試乗してわかった、走りや乗り心地を報告する。

お化粧直しは効果絶大

プジョー508は、日陰にそっと咲くひなげしの花だった。私は508の兄弟車である「シトロエンC5」の元オーナーだが、あの時508には目もくれなかった。

まずデザインがヌメッと正体不明すぎた。特におしゃれでもなく高級でもなくアーティスティックでもない。パワートレインはC5と共通でBMW系の1.6リッター直噴ターボ+アイシン製の6段トルコンATで申し分なかったが、乗り心地が妙に硬く、かつてのプジョーらしい猫足などどこへやら。特に17インチタイヤを履いた上級グレードは、「これっていったい何のため?」というような硬さで、ほとんど何もウリがない大型セダン&ワゴンになってしまっていたのである。
一方のC5は、超絶おしゃれなエクステリア&インテリアと、絶滅危惧種であるハイドラクティブの足まわりがあり、その差はあまりにも巨大だった。

そのプジョー508がマイナーチェンジを受けたわけだが、第一印象は悪くない。まずあのヌメッとしたとりとめのないデザイン、特に顔つきが、ヘッドライトやグリルの形状変更&加飾でかなり引き締まった。やはりクルマは顔が命。顔が悪いとその時点であらゆる評価が下方修正されてしまうが、顔が良ければすべて好意的になってくる。申し訳ありません。

室内の高級感も微妙に増している。ドライバーから見ると、目の前に設置されたヘッドアップディスプレイがまず高級だ。え、これは以前からあったんですか? スイマセン、記憶にありません。印象の下方修正でしょうか。その他、室内の装備はこのクラスとしては標準的で、特にこれ、というものはないが、落ち着いたおしゃれ感はプジョーのフラッグシップにふさわしい。

プジョーのフラッグシップモデル「508/508SW」が日本に導入されたのは、2011年7月。今回テストしたマイナーチェンジ後のモデルは、2015年1月に発売された。
プジョーのフラッグシップモデル「508/508SW」が日本に導入されたのは、2011年7月。今回テストしたマイナーチェンジ後のモデルは、2015年1月に発売された。
インテリアの様子。セダン、ワゴンとも日本仕様車は右ハンドル仕様のみとなる。
インテリアの様子。セダン、ワゴンとも日本仕様車は右ハンドル仕様のみとなる。
運転席側のダッシュボード上に置かれるヘッドアップディスプレイ。上級モデル「グリフ」限定のアイテムである。
運転席側のダッシュボード上に置かれるヘッドアップディスプレイ。上級モデル「グリフ」限定のアイテムである。
新デザインのグリルとバンパーにより、最新型「508SW」のフロントまわりは上質感を極めたとうたわれる。LEDのヘッドランプが与えられる。
新デザインのグリルとバンパーにより、最新型「508SW」のフロントまわりは上質感を極めたとうたわれる。LEDのヘッドランプが与えられる。
こちらは、マイナーチェンジ前の「508」(2011年撮影)。手前がセダンで、奥がワゴンである。猫科の動物をイメージしてデザインしたというヘッドランプが採用されていた。
こちらは、マイナーチェンジ前の「508」(2011年撮影)。手前がセダンで、奥がワゴンである。猫科の動物をイメージしてデザインしたというヘッドランプが採用されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】 2015.5.12 試乗記 プジョーのフラッグシップモデル「508」がマイナーチェンジ。果たして、最新型の実力は……? ワゴンの上級モデルに試乗してわかった、走りや乗り心地を報告する。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る