クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

プジョー508SWグリフ(FF/6AT)

驚きの変わりっぷり 2015.05.12 試乗記 プジョーのフラッグシップモデル「508」がマイナーチェンジ。果たして、最新型の実力は……? ワゴンの上級モデルに試乗してわかった、走りや乗り心地を報告する。

お化粧直しは効果絶大

プジョー508は、日陰にそっと咲くひなげしの花だった。私は508の兄弟車である「シトロエンC5」の元オーナーだが、あの時508には目もくれなかった。

まずデザインがヌメッと正体不明すぎた。特におしゃれでもなく高級でもなくアーティスティックでもない。パワートレインはC5と共通でBMW系の1.6リッター直噴ターボ+アイシン製の6段トルコンATで申し分なかったが、乗り心地が妙に硬く、かつてのプジョーらしい猫足などどこへやら。特に17インチタイヤを履いた上級グレードは、「これっていったい何のため?」というような硬さで、ほとんど何もウリがない大型セダン&ワゴンになってしまっていたのである。
一方のC5は、超絶おしゃれなエクステリア&インテリアと、絶滅危惧種であるハイドラクティブの足まわりがあり、その差はあまりにも巨大だった。

そのプジョー508がマイナーチェンジを受けたわけだが、第一印象は悪くない。まずあのヌメッとしたとりとめのないデザイン、特に顔つきが、ヘッドライトやグリルの形状変更&加飾でかなり引き締まった。やはりクルマは顔が命。顔が悪いとその時点であらゆる評価が下方修正されてしまうが、顔が良ければすべて好意的になってくる。申し訳ありません。

室内の高級感も微妙に増している。ドライバーから見ると、目の前に設置されたヘッドアップディスプレイがまず高級だ。え、これは以前からあったんですか? スイマセン、記憶にありません。印象の下方修正でしょうか。その他、室内の装備はこのクラスとしては標準的で、特にこれ、というものはないが、落ち着いたおしゃれ感はプジョーのフラッグシップにふさわしい。

プジョーのフラッグシップモデル「508/508SW」が日本に導入されたのは、2011年7月。今回テストしたマイナーチェンジ後のモデルは、2015年1月に発売された。
プジョーのフラッグシップモデル「508/508SW」が日本に導入されたのは、2011年7月。今回テストしたマイナーチェンジ後のモデルは、2015年1月に発売された。 拡大
インテリアの様子。セダン、ワゴンとも日本仕様車は右ハンドル仕様のみとなる。
インテリアの様子。セダン、ワゴンとも日本仕様車は右ハンドル仕様のみとなる。 拡大
運転席側のダッシュボード上に置かれるヘッドアップディスプレイ。上級モデル「グリフ」限定のアイテムである。
運転席側のダッシュボード上に置かれるヘッドアップディスプレイ。上級モデル「グリフ」限定のアイテムである。 拡大
新デザインのグリルとバンパーにより、最新型「508SW」のフロントまわりは上質感を極めたとうたわれる。LEDのヘッドランプが与えられる。
新デザインのグリルとバンパーにより、最新型「508SW」のフロントまわりは上質感を極めたとうたわれる。LEDのヘッドランプが与えられる。 拡大
こちらは、マイナーチェンジ前の「508」(2011年撮影)。手前がセダンで、奥がワゴンである。猫科の動物をイメージしてデザインしたというヘッドランプが採用されていた。
こちらは、マイナーチェンジ前の「508」(2011年撮影)。手前がセダンで、奥がワゴンである。猫科の動物をイメージしてデザインしたというヘッドランプが採用されていた。 拡大

数値以上に“味”が違う

そして508SWのラゲッジの広さ、特に左右幅は、同クラスのドイツ勢を確実にリードしている。
私はC5を買う時、セダンかツアラー(ワゴン)かで迷ったが、当時は特にアウトドア趣味もなかったので、つい全長の短いセダンを選んでしまった。ツーリングにしておけば今でも乗っていたかもしれない。無念である。508も、せっかくフランス製の大型車を買うのだから、セダンよりSWを選択しておいた方が、あとあとメリットは大きいだろう。

エンジンは小変更を受け、最高出力が156psから165psに向上している。数値的にはわずかだが、フィーリングはかなり違う。ピックアップが向上して以前よりかなりスポーティーになっている。特に上まで回転を引っ張った時は明らかに元気だ。
以前の156ps仕様は、ダウンサイジングターボらしく低中回転のトルクが厚く、実用性は非常に高かったが、ドライビングプレジャーには欠ける面があり、それが原因で思ったよりずっと早く飽きがきてしまった。ダウンサイジングターボは実用性だけじゃダメ! やっぱり楽しくないと。そのためにはスポーティーなフィールが必要だ。今回の165ps仕様なら多分大丈夫だろう。

燃費も向上している。街中ではアイドリングストップが威力を発揮し、巡航燃費も微妙に改善されているようだ。今回の試乗でも、トータルでリッター13km/リッター近く走ったことを見ていただければ、その経済性は理解してもらえるだろう。このサイズでこの数字はちょっとすごい。

サイドビュー。今回のマイナーチェンジにより、フロントのオーバーハングが15mmだけ延長された。
サイドビュー。今回のマイナーチェンジにより、フロントのオーバーハングが15mmだけ延長された。 拡大
荷室の様子。ラゲッジスペースとキャビンを分かつラゲッジセパレーションネットや、トノカバーは標準で備わる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の様子。ラゲッジスペースとキャビンを分かつラゲッジセパレーションネットや、トノカバーは標準で備わる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます) 拡大
1.6リッター直4ターボは、新たな燃料噴射システムを採用することでパワーアップを実現。燃費も3割近く向上した。
1.6リッター直4ターボは、新たな燃料噴射システムを採用することでパワーアップを実現。燃費も3割近く向上した。
 
プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

「魔法のじゅうたん」を思わせる

そして足まわり。「キャット・イズ・バック」という感じである。あ、これはジャガーのコピーでしたね。でも猫足が確実に戻ってきている。試乗車は17インチタイヤ装着だったが、以前とは比べ物にならないほどしなやかで乗り心地がイイ。

実はマイチェン前の508も、途中から足の硬さは解消されていたらしいという情報もある。というより、あんなにガチガチだったのは超初期ロットだけだった可能性が高い。
どうも近年のプジョーは、超初期ロットのデキが悪いケースが続いていて、つい印象が悪くなってしまうが、なんとかならないものか。定期的に追跡調査しているわけじゃないので、最初の試乗会で乗った個体がメタメタだと、印象はずっとメタメタのまま。困ったものである。

とにかく、マイチェン後の新型508の乗り味はスバラシイ。C5のハイドラクティブじゃなくても、魔法のじゅうたん感が味わえる。これならC5はいらない――と言ったら語弊があるが、508の方が40万円ほどお安いので、お買い得感はありますね。

上級モデルの「グリフ」には17インチのアロイホイールが備わる。エントリーモデル「アリュール」のものは、デザインの異なる16インチ。
上級モデルの「グリフ」には17インチのアロイホイールが備わる。エントリーモデル「アリュール」のものは、デザインの異なる16インチ。 拡大
 
プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

「508SWグリフ」のシート。表皮には、高級なナッパレザーが使用されている。


	「508SWグリフ」のシート。表皮には、高級なナッパレザーが使用されている。
	拡大
身長175cmの筆者が、前席を自然なドライビングポジションでそろえた上で、後席に腰掛けてみた様子。
身長175cmの筆者が、前席を自然なドライビングポジションでそろえた上で、後席に腰掛けてみた様子。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

手放しでは喜べない

細かいところに不満点はある。例えば、FMラジオの入りが驚くほど悪かったりする。神奈川県内だとJ-WAVEやTokyo FMはまったく入らず、FMヨコハマが辛うじて聞けるか聞けないかなのだからすごい。日本のラジオ電波に対応したアンテナの設置ができていないのだろう。それとも個体差だったりして?

安全装備も物足りない。今どきこのクラスで自動ブレーキの設定は皆無だし、クルーズコントロールも前車追従型はなくベーシックな速度設定型。ほとんどコンパクトカーレベルだ。

もうひとつ怖いのが、手放す時である。値落ちの大きさは覚悟する必要がある。私はシトロエンC5で辛酸(しんさん)をなめました。買ったディーラーに行ったら、C5セダンの中古ばかり並んでて、「困っちゃってるんですよ~」。提示された下取り価格は目の前が真っ暗になるレベルだった。ただし、ワゴンならかなりマシなはず。そちらを考えてもSWがオススメです。
いやいや、一生添い遂げれば下取りなんて関係ありませんでした! 買う前から下取りのことなんか考えちゃいけません! ホントにどうもスイマセン。

(文=清水草一/写真=峰 昌宏)

これまでセンターコンソールの下方にレイアウトされていたディスプレイは、より見やすいダッシュボード近くに移動。タッチスクリーン式で、マルチメディアの一括操作が可能となっている。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます)
これまでセンターコンソールの下方にレイアウトされていたディスプレイは、より見やすいダッシュボード近くに移動。タッチスクリーン式で、マルチメディアの一括操作が可能となっている。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます) 拡大
ステアリングホイールのスポーク周辺部にはオーディオやクルーズコントロールのスイッチが並ぶ。
ステアリングホイールのスポーク周辺部にはオーディオやクルーズコントロールのスイッチが並ぶ。 拡大
ピアノブラックのパネルで飾られる、センターコンソール。小物入れの周囲に、オートヘッドライトやシートヒーターのスイッチがレイアウトされている。
ピアノブラックのパネルで飾られる、センターコンソール。小物入れの周囲に、オートヘッドライトやシートヒーターのスイッチがレイアウトされている。 拡大
 
プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

プジョー508SWグリフ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4830×1855×1505mm
ホイールベース:2815mm
車重:1560kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:165ps(121kW)/6000rpm
最大トルク:24.5kgm(240Nm)/1400-3500rpm
タイヤ:(前)215/55R17 98W/(後)215/55R17 98W(ミシュラン・プライマシーHP)
燃費:13.6km/リッター(JC08モード)
価格:462万1000円/テスト車=469万1200円
オプション装備:メタリックペイント<アルタンス・グレー>(7万200円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:4414km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:298.0km
使用燃料:23.8リッター
参考燃費:12.5km/リッター(満タン法)/12.8km/リッター(車載燃費計計測値)

プジョー508SWグリフ
プジョー508SWグリフ 拡大
後席の様子。ドリンクホルダー付きのアームレストやサンシェードが標準で備わる。
後席の様子。ドリンクホルダー付きのアームレストやサンシェードが標準で備わる。 拡大
ワゴン「508SW」の天井は、広大なパノラミックグラスルーフになっている。電動のサンシェード付き。
ワゴン「508SW」の天井は、広大なパノラミックグラスルーフになっている。電動のサンシェード付き。 拡大
荷室の側面には、後席を荷室側から倒すためのリリースレバーが備わっている。
荷室の側面には、後席を荷室側から倒すためのリリースレバーが備わっている。 拡大

関連キーワード:
508SWプジョー試乗記

あなたにおすすめの記事