第397回:上海ショー2015(後編)
中国一の「未来車」はホンダにあった!?

2015.05.08 エッセイ

戸惑いと、心地よさと

モーターショーのために訪れた上海の街は、相変わらず活気に満ちていた。むせかえるような食用油の香り、高層ビルの間に終始けたたましく響きわたるクルマのホーン。道を歩いていると無音のうちに近づき「ぼやぼや歩いてるんじゃねーよ」といわんばかりに脇をかすめてゆくボロボロの電動スクーター。この地に降り立つたび、そうした物事に戸惑いを感じざるを得ない。そんな中、中国におけるファミリーマート「全家」の入店チャイムが、日本と同じであることに妙に癒やされたりする。

しかし不思議なことに、ひと晩たつと上海の街が心地よくなる。地下鉄の車内で周囲に構わずiPhone(その多くはゴールド仕様だ)片手に大声で楽しそうに話す人、いい香りを放ちながら煎餅(ジェンビン。中国版クレープ)を食べ始める人、用もないのに広場に座っているおじさんたち。そうした光景が、ボクが住むイタリアと、ディテールこそ違うが妙に似通っているからだ。

上海・中山公園付近で。高層アパートやオフィスが立ち並ぶそばに、古い商店や建物が残る。
上海・中山公園付近で。高層アパートやオフィスが立ち並ぶそばに、古い商店や建物が残る。
中国のファミリーマート「全家」における入店のチャイム(パナソニック製らしい)は、日本のものと同じである。
中国のファミリーマート「全家」における入店のチャイム(パナソニック製らしい)は、日本のものと同じである。
地下鉄は左右に分かれて待ち、降りる客を待ってから乗るという、いわゆる「文明乗車」は2010年の上海万博のときに啓発キャンペーンが展開されて以来、かなり実践されるようになってきた。
地下鉄は左右に分かれて待ち、降りる客を待ってから乗るという、いわゆる「文明乗車」は2010年の上海万博のときに啓発キャンペーンが展開されて以来、かなり実践されるようになってきた。
上海随一のホテル「和平飯店」前にて。ファッショナブルな小姐(お姉さん)の向こうで、最新スマートフォンを操る若者が上海ナンバーのBMWに乗り込んだ。
上海随一のホテル「和平飯店」前にて。ファッショナブルな小姐(お姉さん)の向こうで、最新スマートフォンを操る若者が上海ナンバーのBMWに乗り込んだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。