トヨタ・ウィッシュ、CVT改良で燃費向上

2015.05.07 自動車ニュース
「トヨタ・ウィッシュ1.8S“MONOTONE”」
「トヨタ・ウィッシュ1.8S“MONOTONE”」

「トヨタ・ウィッシュ」、CVT改良で燃費向上

トヨタ自動車は、ミニバン「ウィッシュ」の燃費性能を高め、2015年5月7日に発売した。

「ウィッシュ1.8S」
「ウィッシュ1.8S」

今回、ウィッシュのCVTに改良が施され、燃費性能の向上が図られた。新たな燃費値(JC08モード)は、1.8リッターのFF車で16.0km/リッター。
さらにフロントドアガラスには、これまで一部のグレードに標準装備されていた、紫外線を99%カットするスーパーUVカットガラス(撥水<はっすい>機能付き)が採用された。

福祉車両「ウェルキャブ」や特別仕様車についても、同様の変更が施されている。

価格は、「1.8X」(7人乗り/FF車)の190万5709円から「2.0Z」(6人乗り/FF車)の259万2982円まで。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る